ネットサービス

Microsoftのオンライン会議ツール「Microsoft Teams」がダウン


Microsoftのオンライン会議ツールである「Microsoft Teams」が、一時的にダウンして使用不可となりました。障害発生の原因はMicrosoft 365の認証システムに行ったアップデートにあるようです。

Microsoft Teams is still recovering after an outage Monday afternoon - The Verge
https://www.theverge.com/2021/3/15/22332539/microsoft-teams-down-outage-connectivity-issues

Microsoft Teamsが使用できなくなったのは日本時間で2021年3月16日の5時30分頃ですが、それ以前からMicrosoftは「Microsoft 365へのアクセス」に問題が生じていたことを検知しており、同日の4時40分には「アクセスに関する問題を調査しています」とTwitter上で報告しています。


その後、この問題が世界中のMicrosoft 365ユーザーに影響を与える可能性があること、問題はMicrosoftが最近行ったという認証システムのアップデートが原因であることが特定されています。なお、Microsoftは問題への対処としてアップデートをロールバックすると発表しましたが、「ロールバックには約15分かかる」とも説明していました。


そして、6時57分には障害の影響を受けていたすべての地域で認証システムのロールバックが完了したと発表。これにより、Microsoft 365サービスでのテレメトリーエラー率が低下したことが確認されています。


ただし、9時18分時点でも「緩和策により影響を受けているサービスでの復旧は着実に進んでいます」と述べており、すべてのサービスが復旧したわけではないことを明かしています。


Microsoft 365で起きた障害により、Microsoft TeamやOffice 365、Outlookなど各種サービスが一時的にダウンしました。他にも、Microsoftが提供するエンタープライズ向けのIDサービスであるAzure Active Directoryや、Xboxのプリペイドコードも機能不全に陥ったことが確認されています。なお、Microsoft Teamのサービスが一時的に停止したのは2020年9月以来、約半年ぶりです。

Microsoft 365で発生した障害の影響を受け、ワーナーメディアは映画「ジャスティス・リーグ」のザック・スナイダーカットのバーチャルプレミアム公開を延期しました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Amazon・Microsoft・PSNなどを巻き込む大規模なネットワーク障害が発生、原因はBGPの設定ミスか - GIGAZINE

Microsoftのオンラインサービス「Xbox Live」で障害が発生しオンラインマルチプレイなどが機能しなくなる - GIGAZINE

Microsoft Azureで障害発生、「謎のメッセージ」が表示されOutlookとSkypeが利用できない状態に - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ネットサービス, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.