コーヒーを飲むと「心不全のリスクが下がる」という研究結果


コーヒーには「たくさん飲む人は長生きする傾向がある」「死亡リスクが低くなる」「不眠症を解消したり脳を活性化させたりする」という健康上のメリットがあるという研究結果が存在します。そんなコーヒーのメリットに、「心不全のリスクを下げる」を追加する研究結果が新たに発表されました。

Association Between Coffee Intake and Incident Heart Failure Risk | Circulation: Heart Failure
https://www.ahajournals.org/doi/10.1161/CIRCHEARTFAILURE.119.006799

Coffee Drinking Tied to Lower Risk of Heart Failure - The New York Times
https://www.nytimes.com/2021/02/18/well/eat/coffee-drinking-tied-to-lower-risk-of-heart-failure.html

「心不全」は、特定の病気を指すわけではなく、心臓に何らかの異常があり、心臓のポンプ機能が低下して全身の臓器が必要とする血液を十分に送り出せなくなった状態のことを指します。心臓から血液が全身にうまく回っていかなくなると、心臓はなんとか血流を保とうとして、たくさん血液を溜め込むようになり、左心室の上流にある肺の血液の流れが悪くなります。この血液の流れは最終的に全身の血液のむくみにつながったり、動くと苦しいといった諸症状を引き起こしたりします。

心不全とはなにか|高齢者の心不全|心臓病の知識|公益法人 日本心臓財団
https://www.jhf.or.jp/check/heart_failure/02/


コロラド大学医学部のデヴィッド・カオ氏らが新たに発表した研究は、「コーヒーが心不全のリスクを下げてくれる」というもの。カオ氏らは、アメリカ国立心肺血液研究所が資金提供を行った、マサチューセッツ州フレイミングハム在住の被験者5209人を長期にわたって経過観察を行うことで心血管疾患の諸症状と危険因子を詳細に分析した「Framingham Heart Study(FHS)」、冠動脈性心疾患や脳卒中の発症に関連する心血管疾患の危険因子の特定を目的として65歳以上の高齢者5888人を10年間追跡調査した「Cardiovascular Health Study(CHS)」、45~64歳という中年後期の被験者1万5792人の心血管疾患リスクを5年にわたって経過観察した「Atherosclerosis Risk in Communities(ARIC)」という3つの大規模調査を機械学習で分析し、「心不全に最も影響を与える要因」を調べました。

この調査によって、心不全のリスクには204種の要素が関係していると判明。中でも、喫煙・婚姻状況・BMI・コレステロールなどの要素41種は特に影響が大きいことが確認されました。

特に影響が大きいとされた41種の中でも、特筆されているのが「コーヒー」です。FHS、CHS、ARICという3つの大規模調査の全てにおいて、コーヒーはどの食事要因よりも心不全の長期リスクの低下と関連していたとのこと。


ただし、コーヒーが下げる心不全リスクは、「飲む量」に大きく依存します。今回の研究によると、1日1杯では効果がありませんが、1日2杯で心不全リスクが31%減少し、1日3杯以上でリスクが60%減少するとのこと。なお、3杯と4杯以上の差については、1日4杯以上飲む被験者がごくわずかしかいなかったため、結論は出せなかったとされています。

一方、コーヒーには「脳卒中のリスクを下げてくれる」「冠状動脈性心臓病のリスクを下げてくれる」という研究結果が発表されてきましたが、今回の研究ではこうした脳卒中・冠状動脈性心臓病のリスク軽減効果は確認できませんでした。

今回の研究では、コーヒー豆の種類や入れ方、砂糖やクリームなどの添加量についての情報は得られなかったため、対象外とされています。ただしカフェインレスコーヒーについては心不全のリスク低下とは無関係であることが示されており、カオ氏は「心不全リスクの軽減にはカフェインが重要な役割を果たしている可能性がある」と指摘しています。


カオ氏は「心不全を予防するためにコーヒーを飲んだり、飲む量を増やしたりすべきでしょうか?」という質問に対しては「現段階の研究では情報不足」としており、「確たることを述べるためには追加の研究が必要です」と述べています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
コーヒーを飲んでいる人は死のリスクが低い、最も生存率が高くなる飲み方は? - GIGAZINE

「コーヒーをたくさん飲む人は長生きする傾向がある」という研究結果 - GIGAZINE

不眠症の解消や脳の活性化など、もっとコーヒーを飲むべき理由いろいろ - GIGAZINE

「コーヒーを飲む」などカフェインの摂取が認知症予防に役立つという研究結果が発表される - GIGAZINE

コーヒーを飲むと運動能力がブーストされることが判明 - GIGAZINE

コーヒー中毒者がコーヒーをやめて分かった「コーヒーのメリット/デメリット」とは? - GIGAZINE

in サイエンス,   , Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.