メモ

マラソン日本人初の2時間4分台を鈴木健吾選手が記録、びわ湖毎日マラソンにて


2021年2月28日(日)に開催されたびわ湖毎日マラソンで、富士通所属の鈴木健吾選手が優勝しました。優勝タイムは従来の日本記録を約30秒上回る2時間4分56秒でした。

鈴木 健吾 - 陸上競技部
https://sports.jp.fujitsu.com/trackfield/ksuzuki/

びわ湖毎日マラソン 鈴木健吾が日本新記録 初の2時間4分台 | 陸上 マラソン | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210228/k10012889831000.html


びわ湖毎日マラソンは滋賀県の皇子山陸上競技場から琵琶湖湖畔を通り瀬田川西岸を南下、瀬田川洗堰で東岸に渡って北上したのち折り返し、再び皇子山陸上競技場を目指すマラソンレース。76回の歴史あるレースですが、大阪マラソンとの統合のため、今回がラストレースとなっていました。

レースは、ペースメーカーが1km2分50秒目安と1km3分目安の2組設けられました。前半はトップグループがおよそ20名前後で推移する展開で、30km過ぎでは6人にまで絞り込まれました。決め手となったのは36km過ぎの給水地点で、鈴木選手が一気にペースアップして後続を突き放し、逃げ切りました。

ゴールタイムの2時間4分56秒は日本新記録で、日本人として初の2時間4分台。従来の記録は、大迫傑選手が東京マラソンで記録した2時間5分29秒なので、一気に33秒更新したことになります。

なお、2位・土方英和選手のタイムが日本歴代5位、3位・細谷恭平選手のタイムが日本歴代6位と、ラストレースのコースで好記録連発となりました。


2019年にプロに転向するまで公務員ランナーとして走っていたことで有名な川内優輝選手も、初めて2時間7分台のタイムを記録したとのこと。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
どうしてフルマラソンの世界記録は2時間を切ることができないのか? - GIGAZINE

マラソンでは水分と塩分を適切にとらないと急性腎不全になる危険がある - GIGAZINE

2万人のランナーが走る「ボストンマラソン」でうまくコースを横断する方法 - GIGAZINE

世界一過酷な「バークレイ・マラソン」2017年大会の完走者は「1人」、2位はタイムリミットに「6秒足らず」で失格 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in メモ,   動画, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.