レビュー

無料で使える開発に役立つサービスをまとめた「free-for.dev」レビュー、埋もれたサービスも発掘可能


ソフトウェア開発において、無料で利用可能なサービスは開発を手助けしてくれる重要な存在です。しかし、あまりにもサービスの数が多すぎて「どんな無料サービスがあるのか追い切れない……」と考えている人もいるはず。「free-for.dev」は、そんな「埋もれた」無料の開発サービスを発掘できるウェブサイトです。

Free for developers
https://free-for.dev/

free-for.devのトップ画面はこんな感じ。


左側のメニューには、サービスがカテゴリごとにまとめられています。試しに「CMS(コンテンツ管理システム)」をクリックすると……


無料で利用できるCMSの一覧が表示されました。CMSの代表格であるWordPressは含まれておらず、JAMstack開発で利用されるヘッドレスCMSContentfulは含まれていることから、専門的なサービスがピックアップされているようです。また、Contentfulと並んでよく利用されるmicroCMSは含まれていませんでした。


上記のように、free-for.devに存在しないサービスについては、free-for.devのGitHubリポジトリにプルリクエストを送ることで、サービスの追加を提案することができます。

GitHub - ripienaar/free-for-dev: A list of SaaS, PaaS and IaaS offerings that have free tiers of interest to devops and infradev
https://github.com/ripienaar/free-for-dev


free-for.devの一覧画面では、それぞれのサービスごとに、サービスへのリンクと簡単な説明、無料で利用する際の条件が記載されています。


左上の検索窓にキーワードを入力し、検索結果をクリックすると、検索対象が含まれているカテゴリに移動することができます。


なお、今回検索したサービスの他にも、AWSMicrosoft Azureといったクラウドサービスやコンテンツデリバリネットワーク、デザインやUIに関するサービスなど、幅広いサービスがまとめられています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ウェブサービスにおける「無料プラン」の落とし穴と正しい無料プランの設定方法とは? - GIGAZINE

AWSの膨大で複雑なサービス群をすべて「たった1行」で説明していくとこうなる - GIGAZINE

Googleの代替サービスを提案してくれる「No More Google」 - GIGAZINE

無料で色々なWebサービスを1カ所で管理できるサービス「Slapdash」を使ってみた - GIGAZINE

「なぜSaaSは世界中に広がるのか?」「SaaSの販売モデル」「SaaSの基本方程式」など成功に導くための方法をStripeがまとめて公開中 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in レビュー,   ソフトウェア,   ネットサービス, Posted by log1n_yi

You can read the machine translated English article here.