動画

残虐格ゲー「モータルコンバット」の実写映画版予告編が公開、トドメを刺すフェイタリティシーンも


対戦型格闘ゲームとして人気の「モータルコンバット(Mortal Kombat)」が、ワーナーブラザーズの映画製作・配給会社であるワーナーブラザーズピクチャーズにより実写映画化されます。実写映画版「モータルコンバット」は、映像配信サービスのHBO Maxで2021年4月16日に独占配信される予定で、残虐な表現が含まれるため、YouTube上で公開されている予告編には年齢制限が課されています。

Mortal Kombat – Official Restricted Trailer - YouTube



マシンガンを構えた特殊部隊員のような人物が……


異様な雰囲気の建物内を探査しています。


そこで出会ったのが、冷酷な暗殺者のサブ・ゼロ(演:ジョー・タスリム)。


特殊部隊員がマシンガンを撃ちますが、弾丸は凍り付き、停止。


そのまま氷が隊員の腕まで覆い……


両腕は砕かれてしまいます。


場面は変わり、本作の主人公となるコール・ヤング(演:ルイス・タン)が登場。


ヤングは総合格闘家として生計を立てています。


原作にも登場する米軍特殊部隊に所属するソニア・ブレイド(演:ジェシカ・マクナミー)と共に、何かを探している様子。


ヤングは自身の意思とは異なる何かの存在に気づきつつある模様。


再び場面が変わり、ハサシ・ハンゾウことスコーピオン(演:真田広之)が登場。


仮面をかぶった忍者たちを瞬殺します。


他にも目からビームを放つカノウ(演:ジョシュ・ローソン)や……


炎を操るカン(演:マックス・ファン)


両腕が機械のジャックス(演:メフカド・ブルックス)


雷の中から登場するライデン(演:浅野忠信)などおなじみのキャラクターも登場。


サブ・ゼロが手をかざすと氷がニョキニョキ伸びていき……


剣を形成。


この氷の剣で腕を切り裂き……


腕から出た血でもう一本剣を作り……


ズブリと刺します。


さらに足から氷が伸びていき……


氷壁ができたところに……


標的を頭から投げ飛ばす、といった具合に残虐な特殊能力を駆使したアクションシーンが楽しめそうです。


モータルコンバット


予告編の最後には頭に剣を刺したり……


心臓を一突きしたりといった、フェイタリティシーンもばっちり収録されています。


なお、実写映画版「モータルコンバット」は、2019年に発売された「モータルコンバット11」をベースとしており、監督はサイモン・マクオイ、プロデューサーはジェームズ・ワンやトッド・ガーナーが担当しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
20年以上未発見だった格闘ゲーム「モータルコンバット」の裏技をついに実践した猛者が登場 - GIGAZINE

25年以上続く人気格闘ゲーム「モータルコンバット」シリーズのショッキングな演出でとどめを刺す「フェイタリティ」を全てまとめたムービー - GIGAZINE

AT&Tがモータルコンバットなどを所有するワーナー・ブラザースのゲーム部門を売却か - GIGAZINE

最も美しい闘う女性ゲームキャラクタートップ25 - GIGAZINE

公園でミット打ちをしていたら格闘ゲームのBGMを合唱された - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.