ソフトウェア

北朝鮮独自のOS「Red Star 3.0」から抜き出した壁紙やアイコンがダウンロード可能に


北朝鮮はPC向けの独自OS「Red Star」を開発していますが、そのRed Starのバージョン3.0で使用されているメディアファイルが抽出され、GitHub上で公開されました。抽出されたメディアファイルにはRed Star 3.0で使用されている壁紙・テーマ・アイコンなどが含まれています。

GitHub - BlackOtton/RedStar-Media: Extracted media files from North Korean OS, Red Star 3.0
https://github.com/BlackOtton/RedStar-Media

Red Star 3.0から抽出された壁紙は以下の通り。全部で8枚。

雪の中にたたずむ兵器の写真


一面に広がる花畑


夕日


田畑




街並み


山岳地帯など風景写真が多め。


畑を耕す農機の写真も。ただしかなり雑な合成です。


ファイルの抽出には専用ツールのredstar-toolsが使用されており、ファイルを安全に使用するためにメタデータがすべて削除されているとのこと。ただし、より安全性を考慮したいという場合は、仮想マシンの使用が推奨されています。

なお、Red Star 3.0から抽出されたメディアファイルは「Code」→「Download ZIP」からダウンロード可能。


これらのファイルは記事作成時点ではライセンスがありません。その理由についてファイルを抽出したBlackOttonさんは、「これらのファイルは私のものではないのでライセンスなしでリポジトリに残すことにしました」と説明しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
北朝鮮が独自の国産OS「Red Star」を開発、技術的には「10年遅れ」 - GIGAZINE

北朝鮮が独自開発したスマートフォン「Arirang(アリラン)」を製造中 - GIGAZINE

北朝鮮の国産タブレット「サムジヨンタブレット」のレビューが公開 - GIGAZINE

北朝鮮独自開発のMac OS X風OS「Red Star」にて致命的なセキュリティホールが見つかる - GIGAZINE

北朝鮮の独自OS「Red Star」はセキュリティ性能がウリなのにリンクを開かせるだけで簡単にハックできる - GIGAZINE

in ソフトウェア,   デザイン, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.