試食

超濃厚チーズマカロニをコロッケと一緒にバンズに挟んだモスの「マッケンチーズ&コロッケ」試食レビュー


「マカロニ・アンド・チーズ」の愛称で親しまれている欧米の代表的な家庭料理「マカロニチーズ」とコロッケを合わせた「マッケンチーズ&コロッケ」が2021年2月10日(水)よりモスバーガーに登場します。マカロニチーズは海外ドラマや映画ではたびたび登場するほどの定番料理ですが、日本ではまだ88%の人が「知らない味」とのこと。隠し味に紀州南高梅の梅肉ペーストを加えて和洋折衷にしたという新作を、実際にテイクアウトで購入して食べてみました。

【モス期間限定バーガー】マッケンチーズ&コロッケ | モスバーガー公式サイト
https://www.mos.jp/cp/mackencheese/

欧米の代表的な家庭料理を特製ミートソースで“モス流”にアレンジ!「マッケンチーズ&コロッケ」「ネーブル コーラ<ネーブルオレンジ果汁 0.4%使用>」~2 月 10 日(水)から全国のモスバーガーにて期間限定発売~
(PDFファイル)https://www.mos.co.jp/company/pr_pdf/pr_210127_1.pdf

日本各地の食材をシェイクにアレンジ!「まぜるシェイク 紀州南高梅<和歌山>」「まぜるシェイク 二十世紀梨<鳥取>」~全国 8 エリアのリレー企画第 1 弾商品を全国で新発売~
(PDFファイル)https://www.mos.co.jp/company/pr_pdf/pr_210127_3.pdf

モスバーガーに到着。


店頭にはチーズがとろ~りとあふれるマッケンチーズ&コロッケの写真が掲げられていました。


今回は、同日発売の「ネーブルコーラ」や、「まぜるシェイク 紀州南高梅<和歌山>」「まぜるシェイク 二十世紀梨<鳥取>」とともにテイクアウトで購入しました。


「熱々注意」というシールの貼られた包みを開けると……


マカロニチーズがバンズからあふれんばかりのバーガーが現れました。


サイズは全長が10cmほどで……


高さが6cmくらい。


バンズを外してみたところ、コロッケの上にモスバーガー特製のミートソース、そして「マッケンチーズ」と粒マスタードがのっていました。


マッケンチーズは今にもこぼれそうなボリュームなので、包み紙なしでは食べられなさそう。


食べてみたところ、ねっとりとしたチーズソースは濃厚なのですが、ミートソースと合わさっているからか、チーズ独特のくどさは感じられず、クリームソースに近い仕上がり。コロッケもボリュームがあり、しっかりいもの味が感じられるので、マッケンチーズと合わさることでクリームコロッケ的な雰囲気になります。梅の味はあまりわからなかったのですが、チーズソースにはゴーダチーズやチェダーチーズとともにかつおぶし粉末も入っているので、「日本人の88%が食べたことがない味」ではあるものの、日本人に親しみがある仕上がりです。また濃厚さの中で、粒マスタードのツンとした辛さがアクセントになっており、最後まで飽きずに食べられます。


同日発売のネーブルコーラは濃厚なマッケンチーズ&コロッケとの相性を考えて開発されたものとのことなので、一緒に飲んでみます。サイズはS・M・Lがあり、今回はMを購入しました。


底にはネーブルオレンジとレモンのシロップがたまっています。


表面に浮かんでいるのはネーブルではなく温州みかんとのこと。


ネーブルオレンジはあまり酸味が強くない、甘めのオレンジなので、コーラの風味と違和感なく一体化していました。バーガー×コーラという定番の組みあわせながら、マッケンチーズの濃厚さで満たされた口の中を、さわやかな香りで流してくれます。


さらに同日から「まぜるシェイク 紀州南高梅<和歌山>」「まぜるシェイク 二十世紀梨<鳥取>」も登場しているので、こちらも飲んでみます。サイズはS・Mから選ぶことができ、今回はいずれもMサイズを選択しました。


まずは「まぜるシェイク 紀州南高梅<和歌山>」から飲んでみます。底には紀州南高梅を使用したソースがたまっています。


ベースはモスバーガーのバニラシェイクなので、このまま飲むと普通のバニラシェイクの味です。


ストローと共に長めのスプーンがついてくるので、底からしっかり混ぜて……


飲んでみたところ、「梅干し」ではなく、梅ゼリーなどに使われていそうな、さわやかな梅の香り。バニラシェイクのミルキーな甘さにほんのり梅がプラスされるくらいで、梅が全面に出ているわけではないところが逆にいい感じです。


「まぜるシェイク 二十世紀梨<鳥取>」も同様に、カップの下にシロップがたまっています。


これもしっかり混ぜて……


飲んでみたところ、バニラシェイクの氷の粒感が梨のシロップと合わさることで、梨独特のざらっとした舌触りが再現されるかのような仕上がりです。これもバニラシェイクに果物の甘さがほのかに加わっており、デザートにぴったりでした。


なお、マッケンチーズ&コロッケは税抜436円で、ネーブルコーラはSサイズが税抜213円、Mサイズが税抜269円、Lサイズが334円となっており、まぜるシェイクはいずれもSサイズが税抜269円、Mサイズが税抜334円で提供されています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
チーズには麻薬並の中毒性があることが研究により判明 - GIGAZINE

法律で販売が禁止され闇市では高値で取引される「世界で最も危険なチーズ」とは? - GIGAZINE

比類ないチーズケーキ体験ができるロシア料理店トロイカの「ベークド・チーズケーキ」は舌触りが別次元 - GIGAZINE

モッツァレラチーズをお餅のようにコネつつお家で手作りする方法まとめ - GIGAZINE

モッツァレラチーズをたまり醤油に漬けた「チーズのたまり漬け年越しそば」を作ってみました - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.