レビュー

ISBNコードからAmazonなど複数サービスの購入リンクが一括で作れるネットサービス「boook.link」


「本を購入する」といっても、Amazonや楽天、さらにはApple BooksやGoogle Playなど購入先の選択肢は複数あります。「boook.link」は、書籍のISBNコードを入力するだけでさまざまな通販サービスの購入リンク一覧をサクッと作れるネットサービスです。

boook.link — Smart links for book marketing · boook.link
https://boook.link/

実際にboook.linkで作成した購入リンク一覧は以下のようになります。

GIGAZINE 未来への暴言 by 山崎恵人 · Boook.Link
https://boook.link/GIGAZINE


実際にboook.linkで購入リンクを作成する方法は以下。URLを「https://boook.link/9784023308718」のように「https://boook.link/(ISBNコード)」の形にしてサクッと購入リンクを作成することも可能ですが、アカウントを作成すると細かな設定が活用できるので、今回はアカウントを作成して使ってみます。まずは公式ページ右上の「Sign Up」をクリック。


Googleアカウントでログインすることも可能ですが、今回は通常のアカウント登録を行います。メールアドレス・国名・パスワード・確認用パスワードを入力し、「I agree to Boook.Link’s Privacy Policy(Boook.Linkのプライバシーポリシーに同意する)」にチェックを入れ、「Create your free account」をクリック。


するとログイン画面に遷移します。確認用のメールが送られてくるといったことはないので、そのまま先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力して、「Log in」をクリック。


更新報告がポップアップ表示されるので、ポップアップ左上の閉じるアイコンをクリックしてホーム画面へ。


これがboook.linkのホーム画面。購入先リンクを作成して詳細設定を行うには、下段の「Your Book Landing Pages」にある「New Link」をクリックします。


空欄にISBNコードを入力して、「Continue」


すると、以下のように購入先リンクの詳細設定画面が表示されます。ISBNコードの再編集や、書籍のタイトル、作者名、URLなどが別途編集可能。


背景色も変更できます。任意の色を選択して、「Save」をクリックすると……


以下のように背景色が切り替わります。


一番右端の虹色のアイコンをクリックするとカラーパレットを使えるので、背景を好きな色に変更可能。


また、「Destinations」の項目では、自分のTwitterや出版社へのリンク、カスタムリンクなどの追加が可能です。


「Destinations」に記入した内容は、以下のようにリンク一覧の中程に当該リンクが挿入されます。


AmazonやIndieBoundの場合はアフィリエイトリンクを作成可能。Amazonの場合、「Affiliate Options」から「I have my own Amazon Affiliate tag」を選択し、表示された空欄にAmazonアフィリエイトタグを入力するだけでOK。


そのほかにも、Apple BooksやGoogle Playなどのリンク先を手動で変更することも可能です。登録した書籍を取り扱っていないサービスの場合は、そのサービスの入力欄を空にしておくと、リンク先一覧から選択肢を消すことができます。ただし、逆に選択肢を追加することはできません。


URLなどを編集後は、ページ下部の「Save」をクリック。


するとホーム画面に遷移し、「Your Book Landing Pages」の項目に先ほど入力した書籍が登録されています。表示されているURLをクリックすると……


作成した購入リンク一覧を見ることができます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Amazonで検索した本が最寄りの図書館にあるかサクッと検索できるiOSアプリ&ブラウザ拡張機能「Libron」 - GIGAZINE

映画や本の「好き」「嫌い」を選ぶだけで好みを勝手に学習してジャンルを横断したオススメを教えてくれる「Findka」レビュー - GIGAZINE

買ったけど読んでない「積読」本の総金額がわかり他人の積読本もチェックできる「積読ハウマッチ」 - GIGAZINE

無料かつ簡単に本の3Dモデルを作成できる「3D Book Image CSS Generator」を使ってみた - GIGAZINE

「1冊から」「数百円で」本が出版できる「OneBooks」を使ってみました - GIGAZINE

in レビュー,   ネットサービス, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.