サイエンス

SpaceXが143基もの衛星を1度に打ち上げて世界記録を更新


2021年1月25日に、SpaceXの打ち上げロケット「Falcon 9」が143基の人工衛星を軌道に投入し、1度の打ち上げで投入された人工衛星の最高基数を更新しました。

SpaceX launches a record-breaking mission, sends laser-linked Starlink satellites to the polar orbit - Tesla Oracle
https://www.teslaoracle.com/2021/01/25/spacx-record-143-satellites-laser-starlinks/

人工衛星の打ち上げに用いられたFalcon 9は、世界初の垂直帰還可能で再利用できるロケットです。そのため、通常のロケットと比べて安価にミッションをこなすことが可能。今回の打ち上げは、SpaceXが主導する人工衛星相乗りプログラム「SmallSat Rideshare Program」により、人工衛星1基につき100万ドル(約1億円)という人工衛星打ち上げ費用としては安い価格で人工衛星の打ち上げプロジェクトを募集しました。その結果、143基の人工衛星を1度に打ち上げることに成功し、インド宇宙研究機関が保持していた103基という記録を大幅に更新しました。

今回軌道投入された人工衛星の中には、SpaceXの衛星インターネットサービス「Starlink」で使われる衛星も10基含まれていました。10基のStarlink人工衛星には、レーザーを用いて人工衛星間でデータを送受信することを可能にする衛星間レーザー通信システムが搭載されています。


衛星間レーザー通信システムはまだ試験運用段階とのことで、SpaceXのイーロン・マスクCEOは、「衛星間レーザー通信システムは2022年に稼働し始める予定です。現在の衛星間レーザー通信システムのバージョンは0.9です」と説明しています。


SpaceXは、今回の打ち上げに用いたFalcon 9が無人船「Of Course I Still Love You」に着陸する様子をTwitterに投稿しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
SpaceX「Falcon 9」ロケットがついにドローン船への垂直帰還に成功、その様子を収めたムービーなどまとめ - GIGAZINE

SpaceXが宇宙にインターネットを構築する「Starlink」用の人工衛星を新たに60基打ち上げ、すでにインターネットに接続する準備も整う - GIGAZINE

SpaceXの衛星インターネット「Starlink」のベータテストユーザーから続々と感銘の声が上がる - GIGAZINE

「火星都市の建設にはSpaceXのスターシップ1000隻による輸送で20年かかる」ことをイーロン・マスクCEOが明らかに - GIGAZINE

「SpaceXの人工衛星が明るすぎて宇宙研究を破壊してしまう」という懸念 - GIGAZINE

宇宙からインターネット網を構築するSpaceXの「Starlink」で使われる人工衛星がどこにいるかわかるマップ - GIGAZINE

SpaceXがロケットを実際に打ち上げて有人宇宙船の緊急脱出システムをテストし成功 - GIGAZINE

宇宙企業SpaceXが次世代宇宙船「スターシップ」を公開、ZOZO前澤元社長らの月旅行で運用される予定 - GIGAZINE

SpaceXの衛星インターネット「Starlink」のベータテストユーザーから続々と感銘の声が上がる - GIGAZINE

in 乗り物,   サイエンス, Posted by log1o_hf

You can read the machine translated English article here.