レビュー

ウェブ上のいかがわしい画像をローカルで自動フィルタリングしてくれる拡張機能「NSFW Filter」レビュー


機械学習用JavaScriptライブラリであるTensorFlow.jsを用いて、ウェブページからNSFW(Not Safe For Work、職場での閲覧注意)な画像を自動で処理してくれるオープンソースの拡張機能が「NSFW Filter」です。NSFW Filterはユーザーデータの収集や送信を行わず、ブラウザ上でローカルに実行されるとのことで、実際に使ってみました。

GitHub - nsfw-filter/nsfw-filter: ???? A Google Chrome / Firefox extension that blocks NSFW images from the web pages that you load using TensorFlow JS.
https://github.com/nsfw-filter/nsfw-filter


NSFW Filter – Get this Extension for ???? Firefox (en-US)
https://addons.mozilla.org/en-US/firefox/addon/nsfw-filter/

NSFW Filter - Chrome ウェブストア
https://chrome.google.com/webstore/detail/nsfw-filter/kmgagnlkckiamnenbpigfaljmanlbbhh

今回はFirefox版を導入します。Firefoxで配布ページにアクセスし、「Add to Firefox」をクリックします。


NSFW Filterの追加を確認するポップアップが表示されるので、「追加(A)」をクリック。


右上に表示される南京錠アイコンをクリックすると、NSFW Filterの設定画面が表示されます。一番上にある「Filter Strictness」のスライドスイッチはフィルターの強さで、右に動かすほどフィルターによる補正が強くなります。「Filter Effect」は、Blur(ぼかし)とHide(隠し)の2種類から選択可能。「Trained model」は画像選別に用いる学習モデルで、記事作成時点ではMovileNet_v1.1のみとなっています。


試しにGoogleで「Porn」をイメージ検索してみました。


結果はこんな感じ。ぼかし部分がNSFW Filterで自動的に処理された部分で、モザイク部分はフィルターがかからなかったために手動で処理を行った部分です。表示された画像のほとんどがNSFWコンテンツでしたが、NSFW Filterで処理されたのは全体のおよそ3分の1という結果でした。


次に「nude」でイメージ検索してみると、今度は検索結果全体の半分ほどがNSFWFilterによって処理されました。あくまでも機械学習による画像選別の結果なので、100%処理してくれるというわけではなく、記事作成時点では画像選別の精度はそこまで高くありません。それでも、学習モデルが処理した画像はきっちりぼかしフィルターで見えなくなっています。


NSFW Filterの処理が行われた状態で設定画面を開くと、「Total blocked:26」というように、処理されたコンテンツの数が表示されました。


なお、NSFW FilterはFirefox版とChrome版がリリースされているほか、Safari版も開発が進められているとのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ブラウザのタブをファイルシステムとして扱えるChrome・Firefox拡張機能「TabFS」レビュー - GIGAZINE

1つのパスワードさえ覚えておけばブラウザ・スマホでパスワード管理ができる「Passit」レビュー - GIGAZINE

Chromeの操作を記録してPuppeteerやPlaywrightのコードに置き換えてくれる「Headless Recorder」レビュー - GIGAZINE

無料でURLから余計なゴミを自動削除してリダイレクトやトラッキングを防止してくれるFirefox用拡張機能「Link Cleaner+」 - GIGAZINE

Google検索結果に表示されるウェブサイトのリンクを余分な文字列なしで正しくコピーできる「Google search link fix」 - GIGAZINE

無料でAmazon.co.jpの価格推移を表示&値下がり通知も可能なブラウザ拡張機能「Amazon Price Tracker」を使ってみた - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.