ハードウェア

AMDが「Ryzen Threadripper PRO」の消費者向け販売を開始すると発表


AMDがLenovoとの契約上ThinkStationにしか搭載されていなかったワークステーション向けCPU「Ryzen Threadripper PRO」を、2021年3月から消費者向け販売を開始すると発表しました。

AMD Opens Up Threadripper Pro: Three New WRX80 Motherboards
https://www.anandtech.com/show/16396/the-amd-wrx80-chipset-a-few-boards-for-3rd-gen-threadripper-pro

AMD will let consumers buy the Threadripper Pro directly - The Verge
https://www.theverge.com/2021/1/12/22227638/amd-threadripper-pro-available-directly-to-consumers

2020年に登場した「Ryzen Threadripper PRO」は、開発スタジオやデザイナー、エンジニア、データ研究者などのプロフェッショナル向けのワークステーション用CPU。最上位モデルの「3995W」は最大64コア・128スレッドを備えており、8チャンネルのDDR4-3200を最大2TBまでサポートし、RDIMMLRDIMMなどのサーバー向けメモリにも対応。さらにはセキュリティ機能として、AMD PROテクノロジーも組み込まれていました。

AMDが最大64コア・128スレッドのワークステーション向けCPU「Ryzen Threadripper Pro」シリーズを発表 - GIGAZINE


ただしAMDがLenovoと結んだ独占契約の関係上、Ryzen Threadripper Proの個別販売は行われず、入手するためには「ThinkStation P620」などのRyzen Threadripper Pro搭載モデルを購入する必要がありました。

これまで入手方法が限られていたRyzen Threadripper Proについて、AMDは新たに「2021年3月から消費者直販を開始します」と発表しました。これによって、LenovoのThinkStationを購入せずともRyzen Threadripper Proを入手する道が開かれたことになります。


このAMDの発表に応じる形で、ハードウェアメーカーは「Ryzen Threadripper Pro対応モデルのマザーボード」をそれぞれ発表しています。Supermicroは「M12SWA-TF」を、ASUSは「WRX80 Pro WS Sage SE WIFI」をそれぞれ新たに公開し、GIGABYTEは「WRX80 SU8」というRyzen Threadripper Pro対応モデルを開発中というリークが出ています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
AMDが最大64コア・128スレッドのワークステーション向けCPU「Ryzen Threadripper Pro」シリーズを発表 - GIGAZINE

AMDがノートPC向け新世代CPU「Ryzen 5000」シリーズを発表 - GIGAZINE

AMDのRDNA2アーキテクチャ最上位GPU「Radeon RX 6900 XT」に関する海外メディアのレビューまとめ - GIGAZINE

5万円台で8コア・16スレッドのZen 3 CPU「AMD Ryzen 7 5800X」のレビューが公開中 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.