ネットサービス

Twitterがドナルド・トランプ氏のアカウントを永久BAN


Twitterが、ドナルド・トランプ大統領のアカウントである「@realDonaldTrump」を永久に凍結する措置を執ったことを発表しました。理由は、直近のツイートを検証した結果「さらに暴力を誘発する恐れがあるため」だとのことです。

Permanent suspension of @realDonaldTrump
https://blog.twitter.com/en_us/topics/company/2020/suspension.html


Twitterが特に問題視したのは、現地時間2021年1月8日に支持者に向けてツイートした「我々は将来にわたり大きな声を上げ、その声はいかなる形でも軽視されたり不当に扱われることはないでしょう」「1月20日の就任式に行くつもりはありません」という内容。

Twitterは、連邦議会議事堂への侵入事件発生後にツイートされたものであることを考えると、トランプ氏がさらなる暴力を扇動する意図があると解釈。「暴力の賛美に関するポリシー」に違反するものであるとして、ただちにアカウントの凍結を決定しました。

トランプ氏は2016年の大統領選挙を巧みなオンライン戦略で勝利したと言われていますが、2020年の大統領選をめぐっては郵便選挙を批判するツイートが攻撃的だった件や、結果確定前に勝利宣言を行った件で、TwitterやFacebookから警告ラベルをつけられる事態となっていました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Twitterが陰謀論を唱える活動家のアカウントを永久凍結処分 - GIGAZINE

Twitterの「アカウント凍結への異議申し立て」がアプリのボタン一発で可能に - GIGAZINE

Twitterがバイデン親子の疑惑を報じたニューヨーク・ポストのアカウント凍結を解除 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.