メモ

ブレグジットの影響によりイギリスで「.eu」ドメイン8万件が凍結状態に


2016年の国民投票でEU離脱が選択されたことで、イギリスは2020年1月31日をもってEUを離脱。さらに、2020年12月31日をもってEU法の適用範囲からも外れました。この影響で、利用者がEU加盟国に居住地があるか市民権を持っていること、あるいは法人がEU加盟国に存在することが要件となる「.eu」ドメインがイギリスの登録者では利用できなくなり、最大8万1000件のドメインが凍結状態となっていることが報じられています。


81,000 UK-owned .eu domains suspended as Brexit transition ends | ZDNet
https://www.zdnet.com/article/81000-uk-owned-eu-domains-suspended-as-brexit-transition-ends/

「.eu」を管理するEURidによると、すべてのイギリスの「.eu」ドメインレジストラ、およびドメイン登録者に対して、2021年1月1日をもってドメインが「凍結(suspended)」状態に入ったことをメールで通知したとのこと。「凍結」状態にあるドメインではウェブサイトやeメールのサポートが停止されますが、ドメイン登録者情報を更新すれば復元される可能性があるとEURidは述べています。


この事実は、2021年に入って突然告知されたわけではなく、2020年のうちから告知されていたもの。

Information for Brexit related .eu domain name holders - More news
https://eurid.eu/en/news/brexit-eu-domain-name-holders/


「凍結」状態を脱するためには以下の3条件のいずれかを満たせばよいようです。

1:「EU27」(EU加盟国27カ国)、もしくは「EEA(欧州経済領域)」構成国の1つで法的に設立された事業体であると宣言すること
2:「EU27」、もしくは「EEA」構成国のいずれかに居住していることを宣言すること
3:「EU27」いずれかの市民権を宣言すること

「凍結」期間は2021年3月31日までで、期間中に対応が行われなかった場合は2021年4月1日をもって「取消(withdrawn)」状態へ移行。2022年1月1日に、すべての「取消」状態のドメイン名は正式に抹消され、一般登録が可能となるとのこと。

なお、ZDNetによると、イギリスの「.eu」ドメイン所有者の多くは別ドメインへの移行を決めたようで、すでに2018年から2019年の段階で、イギリスで「.eu」ドメインを利用するサイトの数は46.7%減少していたとのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「reopen(再開)+州名」というドメイン名の取得が相次いでいることが判明、その原因とは? - GIGAZINE

最古の「.com」「.net」「.org」ドメインはどんなものなのか? - GIGAZINE

Googleが所有していた「Duck.com」ドメインがついにDuckDuckGoのものに、長年の混乱に終止符 - GIGAZINE

Microsoftが「マイク・ロウソフト」と争った企業対個人のドメイン名戦争はどう決着したのか? - GIGAZINE

「.amazon」ドメインをめぐるAmazonとアマゾン川流域8カ国の7年にわたる争いに終止符 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.