ソフトウェア

macOS向けスリープ防止ソフト「アンフェタミン」をAppleがガイドライン違反扱いする事態が発生


Macには省電力のために無操作状態が一定時間続くとスリープになる機能があります。このスリープを防ぐための定番ソフト「Amphetamine(アンフェタミン)」が、Appleの「ガイドライン違反」だとして、App Storeから削除すると警告を受ける事態が発生しました。

GitHub - x74353/SaveAmphetamine: Apple has threatened to remove Amphetamine from the App Store.
https://github.com/x74353/SaveAmphetamine


Apple Backtracks After Popular Mac App 'Amphetamine' Threatened With Removal Over Branding - MacRumors
https://www.macrumors.com/2021/01/02/amphetamine-app-store-removal-threat/

「アンフェタミン」は2014年にmacOS向けのアプリストア「Mac App Store」に登場して、40万回以上ダウンロードされている定番のスリープ防止ソフトです。


しかし2020年12月29日、「アンフェタミン」の開発者であるウィリアム・C・グスタフソン氏のもとに、Appleからアンフェタミンがガイドラインに違反していること、改善されないようであれば2021年1月12日をもってApp Storeから削除するという連絡が入りました。

Appleの主張は「アンフェタミン」というソフトの名称が、アメリカの規制物質法でスケジュールIIの薬物に分類されている「アンフェタミン」と同じであることを問題視したもの。

これに対してグスタフソン氏は、「アンフェタミン」をApp Storeに残すためGitHubで助けを求める活動を開始。

グスタフソン氏は、あくまで名称として有機化合物「アルファ-メチルフェネチルアミン」の短縮形を用いただけで、合法的な処方薬としての「アンフェタミン」と同じように、ソフトを合法的に使用することでMacを目覚めさせることができるという意図で用いており、規制薬物の販売を促進しているわけではないと主張。

また、コカインを作るために用いられる植物と同名の「コカ」や、マリファナ販売を題材にしたシミュレーションゲームアプリ「ウィードタイクーン」、違法薬物の取引・販売の要素が強いゲーム「ドラッグマフィア」「ナルコス:カルテルウォーズ&ストラテジー」、アメリカの多くの地域で飲酒可能年齢が21歳であるにもかかわらず17歳以上向けとなっている飲酒体験アプリ「iBeer」などがApp Storeから削除されていない現状は、ガイドラインの適用が不当であるとも指摘しています。

こうした運動のおかげか、2021年1月2日になってグスタフソン氏のもとにAppleの担当者から改めて連絡があり、「アンフェタミン」は一切の変更なくApp Storeに残ることが決まりました。

グスタフソン氏はTwitterで、支援してくれた人々に対する感謝のツイートを行っています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
App StoreでApp内課金を実装しなかったとしてアプリが削除の危機に追い込まれる - GIGAZINE

AppleがストリーミングゲームをApp Storeで許可へ、ただしMicrosoftはAppleに従うとユーザーに「悪い体験」を提供することになるとコメント - GIGAZINE

Appleが公的機関以外の「新型コロナウイルス関連アプリ」をApp Storeから削除している - GIGAZINE

日本でもAppleのApp Storeが独占禁止法の調査を受ける、開発者からはその他の問題も指摘 - GIGAZINE

AppleがApp Storeのレビュープロセスを更新し「ガイドライン変更の提案」をすることが可能に - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.