ソフトウェア

PS5のDualSense用Linuxドライバーをソニーが公式に提供


ソニーがPS5のコントローラー「DualSense」のLinux向けドライバーを公開しました。USB・Bluetoothモードで利用可能で、タッチパッドやLED、加速度センサー、ジャイロスコープの動作にも対応しています。

Sony Publishes An Official Linux Driver For PlayStation 5 DualSense Controllers - Phoronix
https://www.phoronix.com/scan.php?page=news_item&px=Sony-HID-PlayStation-PS5

PS5の「DualSense」は、トリガーの張力をシーンに合わせて変化させる「アダプティブトリガー」や、表現力豊かなハプティックフィードバックなど、最先端の機能を備えたコントローラーです。すでにPS5だけでなくPCやAndroidでも利用可能となっており、ゲームプラットフォームのSteamでもサポートが行われています。

PS5のコントローラーをPCに接続してSteamのゲームを遊ぶ方法 - GIGAZINE


ソニーは自社デバイスのLinux対応について、すでに「hid-sony」ドライバーをカーネルに提供していましたが、今回リリースされたDualSenseのLinux向けドライバーは「hid-playstation」という、hid-sonyとは別のドライバーとして用意されているとのこと。記事作成時点では、USB・Bluetoothのどちらでも接続可能で、タッチパッド、LED、加速度センサー、ジャイロスコープの動作などに対応。「アダプティブトリガー」や「ハプティックフィードバック」といったDualSense固有の機能については未対応であるとのこと。

PS5専用コントローラーの「アダプティブトリガー」がこれまでにない驚きの体験を実現すると海外メディアが絶賛 - GIGAZINE


なお、記事作成時点ではドライバーはLinuxカーネルのメインラインにマージされていないため、自分でパッチを当ててカーネルをビルドする必要があります。パッチは全部で13ファイルで、以下のURLから入手することができます。

Linux Input Mailing List - Patchwork
https://patchwork.kernel.org/project/linux-input/list/?series=404369

手元のUbuntu 20.10で記事作成時点の最新版であるLinux 5.10.2に上記のパッチをすべて適用し、「bindeb-pkg」コマンドを実行してカーネルをビルドしてみたところ、ビルドには成功するものの「hid-playstation」のカーネルモジュールが作成されず、ドライバーを利用することができませんでした。

なお、LinuxにインストールしたSteam上では、ドライバーがなくても「PlayStation 5 コントローラー」として認識され、通常のキー操作やLEDの調整、バイブレーションなどが可能でした。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
SteamがさっそくPS5専用コントローラー「DualSense」をサポート - GIGAZINE

PS5のコントローラーをPCに接続してSteamのゲームを遊ぶ方法 - GIGAZINE

PS5専用コントローラーの「アダプティブトリガー」がこれまでにない驚きの体験を実現すると海外メディアが絶賛 - GIGAZINE

「PlayStation 5」を実際に遊んでみたレビュー、4K HDRの美麗グラフィック&DualSenseのリアルな振動を楽しめる - GIGAZINE

「プレイステーション 5(PS5)」の新コントローラー「DualSense」の写真&新機能が公開 - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ハードウェア,   ゲーム, Posted by log1n_yi

You can read the machine translated English article here.