試食

チーズ3種使いでチーズケーキ好きを狙い撃ちにした「バスチー3 -バスク風チーズケーキ-」試食レビュー


ローソンのバスチーにレアチーズとチーズ入りホイップクリームをのせたチーズ3段重ねな「バスチー3 -バスク風チーズケーキ-」が2020年12月22日より登場しています。トリプルチーズでどんな仕上がりになっているのか、チーズケーキ好きとしては食べてみるしかあるまい……ということで、実際に購入して食べてみました。

バスチー3 -バスク風チーズケーキ-|ローソン公式サイト
https://www.lawson.co.jp/recommend/original/detail/1423088_1996.html

ということで、ローソンでバスチー3を購入してきました。


パッケージはクリスマス仕様。「チーズ入りホイップとレアチーズをのせた特別なバスチー」とのこと。バスチー3の読み方は「バスチースリー」ではなく「バスチーさん」です。


原材料名の筆頭にはクリームチーズ。その後に糖類、クリーム、卵……と続いていきます。プロセスチーズやチーズフードの文字も確認でき、チーズ濃度は高そう。


フタを開けて……


底面に貼られていた栄養成分表示を確認すると、カロリーは1個あたり490kcal。五口で食べれば一口あたり約100kcalという計算です。


オリジナルのバスチーも同時に購入したので比べてみます。


横から見たところ、チーズホイップを抜いたバスチーのみの高さは変わりませんが、直径がバスチー3の方がやや大きいことがわかります。


上から見るとこんな感じ。


見た目が分かりやすいように包装紙をはがしてみました。


バスチー3の直径は実測で7cmほど。


高さは台座込みで7cmくらい。台座の高さは1cmほどなので、全長は6cmとなります。


フォークを入れてみると、ふわっとやわらかなホイップの途中で、ややずっしりとしたレアチーズケーキの手応えに変わります。


食べてみたところ、ふわっと優しいホイップは、ほのかに爽やかな酸味が感じられ、確かにチーズ仕様。途中でレアチーズケーキのねっとりと濃厚な舌触りを感じ、最後にさらに濃厚なバスチーのチーズ感が口の中に広がります。クラッシュアーモンドがほのかに香ばしさを加えているのもいい感じです。


クリームの下には焦がしカラメル風のホイップも敷かれていましたが、バスチー3はバスチーの特徴であるほろ苦さよりも、チーズ&クリーム感が勝っていました。後味には優しいミルクの風味がふわりと抜けていき、とにかく口当たりのリッチなスイーツです。


断面はこんな感じ。


近づいてみると、チーズホイップとレアチーズの境界線が見てとれました。


オリジナルのバスチーも食べてみます。


口に入れた瞬間にまったりと濃厚なチーズケーキと、カラメルのほろ苦さの絶妙なバランスが感じられます。オリジナルのバスチーが好きな人であれば少し違和感があるかもしれませんが、バスチー3は濃厚&リッチで、いろんなチーズスイーツの味が1つで楽しめるのがポイントといえそうです。


なお、バスチー3は1個あたり490kcal。価格は税込380円で、2020年12月22日より全国のローソンで購入可能です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
比類ないチーズケーキ体験ができるロシア料理店トロイカの「ベークド・チーズケーキ」は舌触りが別次元 - GIGAZINE

ミルクレープの生みの親がたどりついた「20層のミルクレープ」が食べられる「casaneo」の1号店に行って全メニュー制覇してきた - GIGAZINE

できたてモッツァレラの巾着から濃厚でリッチなクリームがこぼれ出る至福の食べ物「ブッラータ」試食レビュー - GIGAZINE

モッツァレラチーズをお餅のようにコネつつお家で手作りする方法まとめ - GIGAZINE

無印良品初のチルドスイーツ「2層仕立てのチーズケーキ&ガトーショコラ」を食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.