ソフトウェア

Linuxを生み出したリーナス・トーバルズが考える「優れたコード」とは何か?


プログラミングをする上で、コメントをきちんと残したり、わかりやすい変数名をつけたりして「読みやすいコード」を目指す作業は重要です。しかし、「読みやすいコード」と「優れたコード」の間には、時として構造上の大きな違いがあるのも事実。そんな「優れたコード」に対するLinuxの開発者リーナス・トーバルズ氏の考え方について、エンジニアのmkirchner氏が説明しています。

mkirchner/linked-list-good-taste: Linus Torvalds' linked list argument for good taste, explained
https://github.com/mkirchner/linked-list-good-taste

Linus Torvalds: The mind behind Linux | TED Talk
https://www.ted.com/talks/linus_torvalds_the_mind_behind_linux?language=ja

トーバルズ氏は2016年のTEDインタビュー内で「連結リストの実装方法」を例とし、自身の「優れたコード」に対する考えを説明しています。連結リストはデータを線形につなげたリストのことで、データを扱う構造のひとつ。具体的には「4」や「12」といった値そのものと「次の値」を示すポインタで構成される「ボックス」を順番につなげたものが連結リストです。


連結リストをC言語で実装したコードは以下。値そのものである「value」と次の値を示すポインタ「next」で「IntListItem」構造体が作られており、IntListItem構造体からボックスが生成されます。「IntList」構造体はリストの先頭を表す変数「head」を持っています。


この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
UNIX/Linuxの「デーモン」はこうやって作る - GIGAZINE

2万7000行ものコードをひとつのファイルに書いたLinuxカーネルパッチが送りつけられる - GIGAZINE

Linux生みの親リーナス・トーバルズの当時のメールで振り返る「Linux」誕生の瞬間 - GIGAZINE

プログラマーの努力とコードの行数が比例しない7つの理由 - GIGAZINE

プログラムの実行時間を99%短縮した「たった1行のコード」とは? - GIGAZINE

in ソフトウェア,   無料メンバー, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.