ネットサービス

総額680億円をFacebookユーザー140万人がゲット、顔認識技術によるプライバシー侵害訴訟で


2020年8月、イリノイ州の州法に反してユーザーの生体認証データを収集していたとして、同州のユーザーから集団訴訟されていたFacebookが、6億5000万ドル(約680億円)の和解金の支払いに合意しました。この合意を受けてイリノイ州のFacebookユーザー140万人がすでにFacebookに対し請求を行っており、1人当たり300ドル(約3万1000円)前後を受け取る予定です。

Millions of Facebook Users Pass on $650 Million Privacy Jackpot - Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-11-25/millions-of-facebook-users-pass-on-650-million-privacy-jackpot

Facebook’s Illinois lawsuit explained: How to get a share of the $650 million settlement! – HITC
https://www.hitc.com/en-gb/2020/11/21/facebook-illinois-lawsuit/

Facebook class action lawsuit claim form and submission deadline
https://www.republicworld.com/technology-news/apps/facebook-class-action-lawsuit-claim-form-and-submission-deadline.html

Deadline is looming to get share of $650M Facebook settlement - Chicago Tribune
https://www.chicagotribune.com/business/ct-biz-facebook-privacy-settlement-deadline-illinois-20201119-y5et6mdz6va4ph676mijbd3nzi-story.html

2015年4月、Edelsonという法律事務所がイリノイ州のFacebookユーザーを代表して「顔認証技術を使ったFacebookの『写真のタグ付け機能』はユーザーの同意を得ておらず、イリノイ州のプライバシー法に違反している」としてFacebookを訴えました。この訴訟は当初クック郡巡回裁判所で争われ、さらにRobbins Geller Rudman & Dowd・Labaton Sucharowという法律事務所も同様の訴えを行い、3つの訴訟が統合されることとなりました。これらの訴訟は統合後、カリフォルニア連邦裁判所で5年以上も争われましたが、2020年8月に6億5000万ドルの和解金をFacebookが支払うことで決着に至りました。

この和解金を受け取る資格を有するのは、写真のタグ付け機能が実装された2011年6月7日から判決が下った2020年8月19日までに「イリノイ州に6カ月以上居住していたユーザー」に限られます。有資格者は2020年11月23日まで以下のフォームから和解金の受け取り申請を行うことが可能でした。

Facebook Biometric Information Privacy Litigation
http://www.facebookbipaclassaction.com/


報道によると、期日までに和解金を申請した有資格者は140万人に達したとのこと。和解金の総額は6億5000万ドルですが、ここから各法律事務所に対する諸費用が差し引かれるため、最終的に1人当たりが受け取る金額は200~400ドル(約2万1000~4万2000円)ほどになる見込みで、支払いは2021年初頭になる予定です。

Facebookはプライバシー問題を改善する努力を怠っている企業だとみなされており、2019年には50億ドル(約5400億円)という巨額の制裁金を連邦取引委員会に科されています。

Facebookが5400億円の制裁金支払いで連邦取引委員会と和解協定、プライバシー関連では過去最高額 - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「顔識別情報の無断利用でFacebookを訴えても構わない」という判決が下される - GIGAZINE

「ネットにアップした顔写真が勝手に個人情報と一緒に収集されている」ことの実例が報告される - GIGAZINE

Facebookのモデレーターが「利益のために命が危険にさらされている」と主張、割増賃金や権利の拡大を求める - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.