レビュー

モネの「睡蓮の池」をイメージしたフルーツたっぷりの期間限定タルト「緑のフルーツと桃のムースタルト 〜睡蓮の池〜」を食べてみた


画家のモネが描いた池いっぱいに広がる睡蓮をキウイフルーツやマスカットで表現した「緑のフルーツと桃のムースタルト ~睡蓮の池~」が11月16日(月)から11月30日(月)までの期間限定で季節ごとにこだわりのタルトを提供しているキルフェボン・グランフロント大阪店に登場しています。みずみずしいフルーツと柔らかな桃の相性が抜群の商品になっているとのことで、早速購入し食べてみました。

緑のフルーツと桃のムースタルト 〜睡蓮の池〜|グランフロント大阪店|メニュー|こだわりのタルト、ケーキのお店。 キルフェボン
https://www.quil-fait-bon.com/menu/detail.php?tsp=19&tmn=1463

「緑のフルーツと桃のムースタルト ~睡蓮の池~」はロンドン・ナショナル・ギャラリー展を記念して作られたタルト。ロンドン・ナショナル・ギャラリーの大阪展の開催が11月3日からであることから、グランフロント大阪店では11月16日(月)から11月30日(月)の期間限定でモネのイメージタルトが販売されます。ということでキルフェボン・グランフロント大阪店にやってきました。


これがホールの状態の「緑のフルーツと桃のムースタルト ~睡蓮の池~」。緑色の池に赤い花が散らばっているモネの絵画のイメージが確かに表現されています。


目的の商品はショーウィンドウの一番上に置かれていました。……が既に残り1個だったので、ホールの状態は確認できず。今回はあらかじめ予約をしていたので、問題なく2ピース購入し持ち帰りました。人気が高いようなのでお店に行く前に予約しておくのがオススメです。


ということで、これが持ちかえってきたタルトの外箱。フランス語で書かれた郵便物のようなキルフェボンオリジナルのデザインです。


箱を開けてみました。色とりどりのフルーツが上部にたっぷりとのっているのがわかります。


1ピースはこんな感じ。キウイフルーツ、マスカット、緑色のソースで睡蓮の葉っぱ、イチゴ、バナナ、ブルーベリーではなびらが再現されています。


半径は約13cm、一人で食べやすいサイズです。


横から断面を見るとこんな感じ。上からフルーツ、ホイップクリーム、スポンジ、桃のムース、クッキー生地と
、何層も積み重なっています。


ひと口食べると桃ムースの淡い香りとさわやかなキウイフルーツの香りが口の中に広がります。フルーツの甘酸っぱさとムースのしっとりとした甘みが絶妙にマッチしたすっきりとした食べ心地でした。甘いものをガツンと食べたい!という時には物足らないかもしれませんが、それぞれの素材の風味が感じられる、甘さ控えめで上品な味わいです。後味もあっさりしており、この淡さが睡蓮を表現しているのかも……。


マスカットは皮付きのもの。皮のシャリシャリ感とムースの柔らかさ、クッキーのサクサク感といった食感の違いも楽しむことができました。


「緑のフルーツと桃のムースタルト 〜睡蓮の池〜」は1ピースあたりイートインで税込745円、テイクアウトで税込732円。25cmサイズのホールはイートインで税込7458円、テイクアウトで税込7322円で購入可能です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
高級フルーツやマンゴーカレーなどが食べ放題でケーキやオードブルまでセットの千疋屋総本店「世界のフルーツ食べ放題」でフルーツ全種類を制覇してきました - GIGAZINE

新鮮フルーツを思う存分味わいたい人のためのフルーツパーラー「果実園リーベル」 - GIGAZINE

比類ないチーズケーキ体験ができるロシア料理店トロイカの「ベークド・チーズケーキ」は舌触りが別次元 - GIGAZINE

ショートケーキが超進化を遂げたような果実園リーベルのズコットを食べてきた - GIGAZINE

爽やかな酸味と独特のトロピカルな甘さの新感覚フルーツ「食用ほおずき」を食べてみた - GIGAZINE

in レビュー,   試食, Posted by log1p_kr

You can read the machine translated English article here.