レビュー

「意外とデカい日本列島」などメルカトル図法にゆがめられていない本当の国の大きさが分かる「The True Size Of ...」


日ごろよく目にする世界地図は、1569年に地理学者のゲラルドゥス・メルカトルが発表したメルカトル図法で描かれており、高緯度ほど拡大されるという特徴があります。そんなメルカトル図法の「ゆがみ」が一目で分かる「The True Size Of ...」を使用すると、日本列島の意外な大きさや、巨大だと思っていた北国が思ったよりも小さいことなど、新しい発見をすることができます。

The True Size Of ...
https://thetruesize.com/

「The True Size Of ...」は初期状態では、よく見知ったメルカトル図法の世界地図が表示されています。


「The True Size Of ...」の特徴は、左上の検索欄に入力した国の大きさを一目でわかるように表示してくれるという点。試しに、左上の入力欄に「Japan」(日本)と入力して、入力欄すぐ下にサジェスト表示される「Japan」をクリックしてみると……


日本が地図の中心になると同時に、日本列島の形をした青いオブジェクトが日本の上に表示されました。


この青いオブジェクトは動かした位置に応じ、メルカトル図法のゆがみに沿うように縮尺が変化します。日本のオブジェクトを北欧のスカンディナヴィア半島に重なるように移動させると、日本列島がぐっと大きく表示され、メルカトル図法ではわかりにくい「実は日本列島とスカンディナヴィア半島は同じくらいの長さ」という点が感覚的に分かるようになりました。


「Clear Map」をクリックすると、オブジェクトを消去してなにも表示されていないマップに戻すことができます。


先ほど日本を表示したのと同じ手順で、今度はロシアを表示してみました。


次に、ロシアを示すオブジェクトを赤道付近にある南米大陸に移動させてみます。国土が世界一広いだけあって、確かに大きいことは大きいですが、いつも世界地図で見るのとはだいぶ印象が変わりました。


左下の方位記号を回転させるようにドラッグすると、オブジェクトも回転します。試しにロシアを縦向きにして南米大陸に重ねてみると、ロシアと南米大陸が実はさほど変わらない大きさだということが直感的に分かります。このように、「The True Size Of ...」を使うと、緯度が高いほど大きく、緯度が低いほど小さくなってしまうメルカトル図法の特徴を視覚的に理解することができます。


「The True Size Of ...」を作ったJames Talmage氏とDamon Maneice氏は、「全ての地図の図法にはゆがみがあり、それぞれの問題があります。メルカトル図法の有名な批判は、アフリカ大陸など赤道付近にあるものが過小になる一方、アメリカやロシア、ヨーロッパの大きさなどが誇張されるということです」と指摘。学校の授業に活用するなどして、世界の本当の大きさを知ってもらうために、このマップを作成したと述べました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
世界地図を見ただけではわからない「国のサイズ」とは? - GIGAZINE

中国とアメリカとヨーロッパを合わせたよりも広い、これが本当のアフリカの広さ - GIGAZINE

「100%正しい地図」がこの世に存在しないのはなぜか? - GIGAZINE

アメリカ人さえもあまり知らない「奇妙なアメリカの地理雑学」とは? - GIGAZINE

「本当にすべての道はローマに通ずるのか?」を調べられる地図が公開中 - GIGAZINE

in レビュー,   ウェブアプリ, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.