試食

ザクザク食感のジューシーチキンや4種のチーズを使った特製クラフトバンズが味を主張し合う「チキン・デ・アグリーバーガー」試食レビュー


4種のチーズが香るちょっと不細工な見た目のバンズにジューシーなチキンパティやスモーキーなベーコンを挟んだ「チキン・デ・アグリーバーガー」が、2020年11月13日(金)からバーガーキングで登場しました。「見た目より味に自信あり」というアグリーバーガーシリーズ第3弾の一品がどのような味に仕上がっているのか、実際に食べて確かめてみました。

大人気の「アグリーバーガー」シリーズ第3弾!4種のチーズ香る“チーズバンズ”とサクサク&ジューシーなチキンがベストマッチ!見た目より味に自信あり『チキン・デ・アグリーバーガー』新発売
https://www.burgerking.co.jp/#/campaignDetail/220

バーガーキングに到着。


チキン・デ・アグリーバーガーは注文してから1分ほどで提供されました。


開封。これがチキン・デ・アグリーバーガー(単品税込620円)です。


アグリーバーガーは、ゴーダチーズ・エグモントチーズ・モッツァレラチーズ・チェダーチーズの4種のチーズがかかったクラフトバンズが特徴。バンズの表面を覆い尽くすように載せられた4種のチーズがデコボコと不格好な様子から、「醜い」を意味する「アグリー」という英単語が使われているそうです。


中身の具材は、マヨネーズがたっぷりかかったレタスに……


ベーコン・チキンパティ・ピクルスが入っています。


実際に食べてみると、クラフトバンズはチーズがカリカリに焼き上げられており、噛みしめるとチーズの塩気や旨味がジュワッと染み出してきます。チキンパティは白身魚のフライかと思うほどサックサクですが、中身はジューシー。カリカリのベーコンは香ばしい風味がガツンと感じられ、アクセントのピクルスがむしろ目立ってないといえるほどにそれぞれの味わいがガッツリ主張し合っているハンバーガーでした。


「チキン・デ・アグリーバーガー」は一部店舗を除く全国のバーガーキングで購入可能で、モーニング実施店舗では10時30分以降から提供されます。また、アグリーバーガーシリーズとして、「チーズアグリービーフバーガー」「チリアグリービーフバーガー」も記事作成時点で提供中。GIGAZINEでのレビュー記事は、以下から読むことができます。

こんがり濃厚チーズと強烈なお肉感が堪能できる100%ビーフパティの相性が抜群なチーズ好き感涙のバーガーキング「チーズアグリービーフバーガー」を食べてみた - GIGAZINE


カリカリのチーズの香ばしさがピリ辛チリと肉のうまみを引き立てる「チリアグリービーフバーガー」をバーガーキングで食べてみた - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
マクドナルドのド定番ダブチをごはんバーガー化した「ごはんダブチ」を食べてみた - GIGAZINE

ジューシー&柔らかなてりやきチキンとシャキシャキ食感の甘辛きんぴらが和風テイストな「きんぴら鶏ごぼうバーガー」試食レビュー - GIGAZINE

顔が隠れるほど巨大な鶏から揚げ専門店「炎旨大鶏排」実食レビュー、6種類のスパイスを全部制覇してみた - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.