マクドナルドが肉不使用で100%植物原料のハンバーガー「McPlant」を発売へ


ケンタッキーが肉を使わないフライドチキン「Beyond Fried Chicken(フライドチキン越え)」を発売したり、バーガーキングがパティに人工肉を使った「Impossible Whopper」を使用したりするなど、アメリカでは人工肉・代替肉の需要が増加しています。ついにマクドナルドもこの流れを受け、2021年に人工肉を使った100%植物原料の製品ライン「McPlant」を販売開始することがわかりました。

McDonald's to debut 'McPlant' in 2021, Beyond Meat says co-created patty | ロイター
https://jp.reuters.com/article/uk-mcdonalds-food/mcdonalds-to-make-its-own-mcplant-items-beyond-meat-says-co-created-patty-idUSKBN27P2GA


McDonald's 'McPlant' news spooked Beyond Meat investors, analyst says
https://www.cnbc.com/2020/11/09/mcdonalds-mcplant-news-spooked-beyond-meat-investors-analyst-says.html

マクドナルドは2020年11月9日(月)付で、McPlantと呼ばれる植物ベースのハンバーガーをついに発売することを発表しました。肉を使わずに植物原料だけで作る人工肉は、複数のメーカーが製造しているものの、McPlantには「Beyond Meat」(ビヨンド・ミート)が使用される予定とのこと。


マクドナルドが使用する予定のBeyond Meatがどのようなものなのかは、以下の記事から読むことができます。

肉の風味・味・食感を分子レベルで再現した人工肉「Beyond Burger」と「Impossible Burger」を実際に焼いて食べたらすごかった - GIGAZINE


マクドナルドは2020年初めにカナダのオンタリオ州で「P.L.Tバーガー」という植物ベースのハンバーガーのテスト販売を行っており、その中でもBeyond Meatを使ったハンバーガーが特に人気だったとのこと。

Beyond Meatの広報担当者はロイターに対しメールで「Beyond MeatとマクドナルドはMcPlantのプラットフォームで利用可能な植物ベースのパティを共に開発しました」と述べました。ただし、マクドナルド側はMcPlantのパティにどのメーカーを利用するかという情報の詳細を公開していません。

多くのファストフードチェーンが植物ベースの製品を提供する中で、マクドナルドのMcPlantはむしろ後発と言えますが、マクドナルドのCEOであるクリス・ケンプチンスキー氏は「植物ベースの製品は現代の消費者のトレンドであり、マクドナルドにとって重要なのは『植物ベースのハンバーガーを販売するかどうか』ということではなく『いつ販売するか』ということです」とコメントしました。

McPlantのラインでハンバーガーのほか、チキンバーガー、朝食のサンドイッチなどを提供する予定で、アメリカ・マクドナルド代表のジョー・アーリガー氏は2021年に肉不使用のクリスピー・チキン・サンドイッチを販売すると述べています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
動物肉を使ってないのに肉汁滴り肉のうまみが感じられる人工肉「Beyond Meat(ビヨンド・ミート)」バーガーを食べてみた - GIGAZINE

肉の風味・味・食感を分子レベルで再現した人工肉「Beyond Burger」と「Impossible Burger」を実際に焼いて食べたらすごかった - GIGAZINE

肉そのものの味・香りなのに牛肉不使用の「Impossible Burger」を製造する工場に潜入したムービー - GIGAZINE

植物性の人工肉は「ドッグフード並に」超加工されているとの主張 - GIGAZINE

「植物由来の人工肉は健康に悪い」と指摘される理由とは? - GIGAZINE

in , Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.