試食

コーヒーのほろ苦さとマスカルポーネチーズの甘さのコントラストが抜群な「雪見だいふく こだわりのティラミス」試食レビュー


ロッテの定番氷菓「雪見だいふく」シリーズに、ココアもち・チーズアイス・コーヒーソースの三層構造の「雪見だいふく こだわりのティラミス」が登場しました。ほんのり苦味の効いたコーヒーソースとクリーミーな味わいのマスカルポーネチーズアイスが本格的なティラミスの味わいを生み出しているとのことなので、実際に食べてみました。

ティラミスの味わいが楽しめるこだわりの雪見だいふく登場!雪見だいふくこだわりのティラミス 2020年11月2日(月)全国で発売
(PDFファイル)https://www.lotte.co.jp/info/news/pdf/20201021114938.pdf

「雪見だいふく こだわりのティラミス」は深緑を基調としたパッケージ。


原材料を見ると、砂糖・水あめ・もち米粉などの雪見だいふくらしい原材料に加えて、コーヒーソースやココアソースが入っていることがわかります。カロリーは1個あたり84kcal。


中には、ココア色の雪見だいふく2個とフォークが入っています。「特別な気分を味わってもらえるように」とのことで、フォークは通常の雪見だいふくとは異なるゴールデンカラー。


フタの内側には、マスコットキャラクターの雪見うさぎからの「ティラミスはイタリア語で『私を元気づけて!』という意味があるそうです。雪見大福も、おいしさで皆様のことを少しでも元気づけられるといいなぁと思います」というメッセージが書かれていました。


こだわりのティラミスの形状は通常の雪見だいふくと同等。外側のおもちにはココアソースが混ぜ込まれているとのことで、色合いは暗めのブラウンです。


包丁で切った断面が以下。マスカルポーネ100%のチーズアイスの中心からコーヒーソースがとろりと出てきました。


食べてみると、香りとしてはコーヒーが圧倒的に強めですが、味わいはマスカルポーネが濃厚という、香りと味が全く異なるという不思議な風味。溶けるにつれて、チーズアイスの甘さとコーヒーソースのほろ苦さが同時に口の中に広がって、味のコントラストが抜群です。外側のおもちは通常の雪見だいふくと変わらないモチモチとした食感を楽しめますが、ココア味は弱め。コーヒーとマスカルポーネがあくまで主役なアイスクリームでした。


「雪見だいふく こだわりのティラミス」は2020年11月2日(月)から全国のスーパーマーケットやコンビニエンスストアで購入可能。希望小売価格は税別180円です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ショートケーキ大福やマシュマロチョコ大福などハワイで独自進化を遂げた「餅スイーツ」を実際に食べてきましたレポート - GIGAZINE

「飲めるチーズケーキ」や6種のチーズのチーズケーキなどチーズスイーツ専門店「ウメダチーズラボ」の全メニューを食べてみた - GIGAZINE

チョコドーナツとティラミスが1度に楽しめるミスドの「ティラミスホイップ チョコレート」など新作スイーツ3種を食べてみた - GIGAZINE

サクサクのパイ生地と抹茶アイス&黒蜜の和スイーツ感が融合したハーゲンダッツ「ジャポネ 抹茶パイ~ほのかな黒蜜~」を食べてみた - GIGAZINE

甘く濃厚なクリームチーズアイスと塩味の効いたしっとりチーズクッキーが相性抜群なロッテ「爽 クッキー&チーズ」を食べてみた - GIGAZINE

ラムの香りがイタリア栗入りマロンソースを引き立てる「エッセル スーパーカップ Sweet’s イタリア栗のモンブラン」を一足先に食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.