サイエンス

新型コロナ患者の80%以上がビタミンD欠乏症であることが明らかに


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の罹患者の80%以上がビタミンD欠乏症であることが明らかになりました。

Vitamin D Status in Hospitalized Patients With SARS-CoV-2 Infection | The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism | Oxford Academic
https://academic.oup.com/jcem/advance-article/doi/10.1210/clinem/dgaa733/5934827


Study finds over 80 percent of COVID-19 patients have vitamin D deficiency | Endocrine Society
https://www.endocrine.org/news-and-advocacy/news-room/2020/study-finds-over-80-percent-of-covid19-patients-have-vitamin-d-deficiency

COVID-19の重症患者はビタミンD不足であることはかねてから指摘されており、十分な研究結果がまだ示されていないことから、医師から「ビタミンDを摂取すれば病気を防げるわけではない」と指摘されたこともあります。しかし、その後の研究でビタミンDがCOVID-19の重症度を低下させることが臨床試験で示されたため、COVID-19とビタミンDの関係には注目が集まっています。

そんな中、スペインのカンタブリア大学のホセ・エルナンデス氏ら研究チームが、ビタミンDとCOVID-19の関係性を調査したところ、COVID-19罹患者の80%以上がビタミンD欠乏症であることが明らかになりました。

エルナンデス氏らがスペイン・サンタンデールのマルケス・デ・バルデシーリャ大学病院のCOVID-19罹患者216人を調査したところ、その80%がビタミンD欠乏症であることが明らかになり、女性よりも男性の方がビタミンDが不足していることも判明しました。加えて、ビタミンDが不足しているCOVID-19患者はフェリチンやD-ダイマーなどの炎症マーカーの血清レベルも上昇していることが明らかになっています。


ビタミンDはステロイドホルモンと分類されることもあるもので、カルシウムを小腸から吸収し、骨に吸着させるために必要な栄養素です。ビタミンDが不足するとカルシウムが体内に吸収されず、骨粗鬆症や骨軟化症などの骨に関する症状が引き起こされることも知られています。ただし、ビタミンDが体内で足りなくなるビタミンD欠乏症はまだまだ研究段階にあり、骨に関する症状以外にもさまざまな健康上の懸念に関わっていると考えられています。

実際、ビタミンDを摂取することが免疫系に有益な効果を与えるため、感染症から人体を保護するために役立つともいわれています。

エルナンデス氏は今回の研究結果について、「ビタミンD欠乏症の治療は体内のビタミンDが不足しているCOVID-19罹患者に推奨されるべき治療法です。このアプローチは血液・筋骨格および免疫システムの両方に有益な可能性があります」と語りました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
新型コロナのワクチンの「強力な免疫反応」が高齢者にもみられたと発表される - GIGAZINE

「新型コロナ治療薬のレムデシビルにはほとんど効果がない」とWHOが発表 - GIGAZINE

「5Gが新型コロナを広める」「ニンニクで感染予防」といった偽情報の拡散を防ぐべくWHOがWikimedia財団と提携へ - GIGAZINE

新型コロナの症例記録1万6000件がExcelのインポートに失敗して一時消失 - GIGAZINE

新型コロナから回復した人の一部が経験する「認知症のような症状」の実態とは? - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.