試食

花椒の強烈な香りが鼻にブッ刺さる「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 大魔辛」試食レビュー


カップ焼きそばの定番「一平ちゃん」ブランドから、唐辛子の辛さと花椒のしびれを両立したという「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 大魔辛」が登場しました。一平ちゃんの特徴である「マヨ」まで辛さにこだわった辛党にオススメの一品とのことなので、実際に食べてみました。

「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 大魔辛」2020年10月26日(月)全国で新発売 | 日清食品グループ
https://www.nissin.com/jp/news/8967

「一平ちゃん 大魔辛」のパッケージがこれ。


大魔辛の読み方は「だいまじん」とのことで、パッケージには魔界感のあるキャラクター「大魔辛くん」が描かれています。


5段階の辛さレベルで、「レベル5」の一品とのこと。「辛みによる刺激が大変強いので、十分に注意してお召しあがりください」という警告も表記されています。


原材料名を見ると、ソースには「香味油」が含まれています。また、ふりかけの原材料は「香辛料」のみで、「それは本当にふりかけと呼ぶべきなのだろうか?」という印象があります。


カロリーは1食113gあたり514kcal。


パッケージの中には、ソース・ふりかけ・特製マヨが入っていました。


それでは実際に調理していきます。作るにあたって必要なお湯の量は約530ml。


待ち時間は3分間。


3分経過後、湯切り口からお湯を捨てます。


ソース・特製マヨ・ふりかけを投入して……


完成。


ふりかけは七味のような見た目で、マヨネーズまで赤めという、全体的に赤系の色合い。顔を近づけると、強烈な花椒の香りが鼻を刺します。


食べてみると、香りは花椒の風味が強烈ですが、辛さは花椒のシビれる辛さよりも唐辛子の辛さが勝ち気味。ただし、辛さは「激辛」という単語から想像されるような痛みを伴うものではなく、口の中がカッと熱くなるような辛さです。一平ちゃん本来の味わいや、花椒の風味と唐辛子の辛さ、マヨネーズの旨味がバランスよく感じられる一品でした。


「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 大魔辛」は2020年10月26日(月)から全国のコンビニエンスストアやスーパーマーケットで購入可能。希望小売価格は税別193円です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ハバネロを利かせたスパイシーなサブウェイの新グランドメニュー「チリチキン」を一足早く食べてみた - GIGAZINE

花椒とラー油で限界の辛さを追求したファミリーマート「陳麻飯」試食レビュー、ガツンとくる辛みで食べる手が止まらない - GIGAZINE

そばの概念をぶち抜くコッテリ感な「日清のどん兵衛 背脂風豚ニンニク濃厚ラー油太そば」は背脂がそばに絡みつく一杯 - GIGAZINE

魚介類と鶏肉のうま味が本格的なスパイスの香りと辛さと共に楽しめるココイチ「大人のスパイスカレー THE エスニックアジア」を食べてみた - GIGAZINE

人はなぜ「激辛コンテスト」に出場したくなってしまうのか? - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.