ネットサービス

「5Gが新型コロナを広める」「ニンニクで感染予防」といった偽情報の拡散を防ぐべくWHOがWikimedia財団と提携へ


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関して数々のデマが広がっており、死者がでるケースがあるほど、状況は深刻です。偽情報の拡散を防ぎ人々に正しい知識を提供することを目的に、世界保健機関(WHO)がWikipediaの運営元であるWikimedia財団と提携したことを発表しました。

The World Health Organization and Wikimedia Foundation expand access to trusted information about COVID-19 on Wikipedia
https://www.who.int/news/item/22-10-2020-the-world-health-organization-and-wikimedia-foundation-expand-access-to-trusted-information-about-covid-19-on-wikipedia

The World Health Organization and Wikimedia Foundation expand access to trusted information about COVID-19 on Wikipedia – Wikimedia Foundation
https://wikimediafoundation.org/news/2020/10/22/world-health-organization-and-wikimedia-foundation-expand-access/

Wikipedia and W.H.O. Join to Combat Covid Misinformation - The New York Times
https://www.nytimes.com/2020/10/22/health/wikipedia-who-coronavirus-health.html


COVID-19が流行するとともに、さまざまなデマが広がりました。この結果、イギリスでは「5GがCOVID-19を広めている」というウワサを信じた人々により5Gの電波塔が放火される事件が複数起こり、飲酒が法的に禁じられているイランで「飲酒が新型コロナウイルスに効く」と信じた27人が密造酒を飲みメタノール中毒で死亡しました。このようなデマが広がる裏側では、トランプ政権を礼賛する陰謀論者グループ「Qアノン」が暗躍しているとも報じられており、FacebookTwitterはQアノン関連グループの削除に追われています。

デマにより実際に死者が出るほどの深刻な状況になっていることを受けて、WHOも対応に追われています。WHOのアンドリュー・パティソン氏は「なぜ5Gがコウモリのウイルスを拡散させないのかということを説明する記事を書いてくれ、と常に要求しているために、WHOの疫学者は私にうんざりしています」と語るほど。


新型コロナウイルスの正しい情報を広めていくことは、誤情報の影響を相殺するとして、新たにWHOはWikimedia財団とコラボレーションすることを発表しました。

この協定により、WHOの資料の多くが「ウィキメディア・コモンズ」として扱われ、WHOの資料であることを明示すれば誰でも許可を得る必要なく資料を再翻訳・再利用することが可能になります。

「信頼できる健康情報に公平にアクセスできることは人々に知識と安全を与えます」とWHOのテドロス・アダノム事務総長はコメントしました。

今回の協定によって、すでにウィキメディア・コモンズでは「COVID-19の偽情報に対する正しい知識を集めたインフォグラフィック」が公開されています。「スープにコショウを加えてもCOVID-19は防げない」「ハンドドライヤーでCOVID-19は殺せない」「靴によりCOVID-19は広まらない」など、記事作成時点で計30枚のインフォグラフィックがあり、誤情報のバリエーションの多さが実感できます。

Category:World Health Organization COVID-19 Disinformation Infographics - Wikimedia Commons
https://commons.wikimedia.org/wiki/Category:World_Health_Organization_COVID-19_Disinformation_Infographics


なお、今後はCOVID-19以外に、エイズやエボラ、インフルエンザ、ポリオといった他の病気に関しても、同様にWHOからウィキメディア・コモンズへの資料提供することを視野に入れているそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
5G電波塔の放火被害が多発、「5Gが新型コロナウイルスを拡散している」というデマがなぜ広がったのか? - GIGAZINE

ニコラス・ケイジの映画が増えるとプールで溺死する人も増えるのか? - GIGAZINE

科学によって論破された「新型コロナウイルスにまつわる14のデマ」 - GIGAZINE

新型コロナウイルスに関する「デマ」がSNS上で多数飛び交っているとAFP通信が警告 - GIGAZINE

新型コロナウイルスに関する誤情報をSNS上で広めるボットが数多く暗躍している - GIGAZINE

14歳の少女が「新型コロナウイルス感染症の治療薬につながる可能性のある分子」を特定して賞金260万円を獲得 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.