ハードウェア

iPhone 12 Proを買うのに世界各国の人々は何日間働かなくてはならないのか?


Appleが2020年10月14日に開催された新製品発表イベントの中で、次世代iPhoneとなる「iPhone 12」や、そのハイエンドモデルとなる「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」を発表しました。この新型iPhoneを購入するために必要な労働時間は世界各国で大きく異なるということを、シンガポールのクーポン配布サイトpicodiがわかりやすく解説しています。

iPhone Index 2020: how many days you would have to work to afford iPhone 12 Pro - Bargain Hunting - Picodi.com
https://www.picodi.com/sg/bargain-hunting/iphone-index-2020

2020年10月14日に発表されたiPhone 12は、iPhoneシリーズで初めて次世代移動通信システムである5Gに対応した機種です。長らく続いた曲線的なデザインではなく、側面部がフラットなデザインに刷新されており、ピクセル数はiPhone 11の2倍。耐落下性能も4倍に改善されました。

5G対応の「iPhone 12」が登場、新しくフラットなデザインに生まれ変わる - GIGAZINE


そんなiPhone 12の上位モデルであるiPhone 12 Proはトリプルカメラを搭載しており、写真をRAW形式で撮影できる「Apple ProRAW」に対応。さらに、iPhone初となるHDRビデオ撮影まで可能です。

ハイエンドモデルの「iPhone 12 Pro」が登場、強力な手ぶれ補正機能を搭載したプロ仕様のカメラに進化 - GIGAZINE


「そんなiPhone 12 Proの購入費を稼ぐために、世界各国の人々は何日間働かなくてはならないのか?」ということを図示したのが以下のグラフで、概念的にはビッグマック指数と同じもの。それぞれの棒グラフは、世界各国の平均月収から算出された「iPhone 12 Proを購入するために必要な日数」で、iPhone 12 Proの価格は世界各国における公式価格が参照されています。なお、日本での価格は税別10万6800円。


1位のINDIA(インド)とMEXICO(メキシコ)では、iPhone 12 Proを購入するまでに54.4日分の労働が必要。なお、この日数は純粋な労働期間を示しているため、労働期間中に必要な飲食費、電気代、通信費などは考慮に入れられていません。つまり、インドやメキシコで54.4日でiPhone 12 Proを購入したい場合には、「飲まず食わず」で54.4日間働く必要があるということ。


30日弱の労働で済むのは、SLOVAKIA(スロバキア)、MALAYSIA(マレーシア)、POLAND(ポーランド)、LITHUANIA(リトアニア)、CHINA(中国)など。


日本では9.8日の労働で購入可能。日本とほぼ同等の労働期間が必要な国は、SOUTH KOREA(韓国)やNETHERLANDS(オランダ)、GERMANY(ドイツ)、SWEDEN(スウェーデン)など。


最も労働期間が短い国は、SWITZERLAND(スイス)で、わずか4.4日の労働でiPhone 12 Proを購入可能です。スイスに次いでUNITED STATES(アメリカ)も労働期間が短く、必要な日数は6.1日でした。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
世界各国のApple製品の公式価格をランキング形式で比較できるウェブサイト「The Mac Index」 - GIGAZINE

「iPhone 12」「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro/Pro Max」などApple新製品の高解像度画像まとめ - GIGAZINE

5G対応のiPhone 12シリーズやHomePod miniが発表されたAppleの新製品発表イベントまとめ - GIGAZINE

1GBあたりのモバイル通信料を世界228カ国で比較したランキングが発表される、日本は何位なのか? - GIGAZINE

インターネットにまつわるさまざまな数字で世界と日本の差がわかる「Digital in 2018」が公開 - GIGAZINE

モバイルデータ通信の費用は国ごとに最大で300倍以上のとてつもない格差が存在する - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.