広告

開発したサービスやアプリを最小の手間で拡散して最大限の効果を得られるGIGAZINEの「完全おまかせコース」発注プロセスまとめ


「うちの会社の月額課金制のサービス、絶対に便利なのに、ローンチしても反響が小さくて便利さがみんなに伝わっていない気がする……!このサービスのすごさを色んな人に知ってもらいたいけど、できるだけ手間を少なくしたい、そして効果は最大限にPRするにはどうすればいいの?」という感じで悩んだときに使えるのがGIGAZINEの記事広告「完全おまかせコース」です。実際にGIGAZINEの完全おまかせコースを発注すると、どのようなプロセスで記事が掲載されるのか、まとめてみました。

完全おまかせコースは、クライアントの手間を最小限にした記事広告の形。言い換えると「GIGAZINEに丸投げすれば勝手にいい感じの記事広告が自動的に完成するコース」です。たとえば以下のような月額課金制のサービスをもっと訴求していきたい時は……


まずは広告問合せフォームからGIGAZINE広告の媒体資料を取り寄せます。

広告のお問い合わせ -GIGAZINE-


媒体資料には掲載可否問合せフォームのURLが記載されているので、フォームにメールアドレス・広告主名・広告リンク先URLや……


記事広告の目的を入力後、「完全おまかせコース」にチェックを入れて「次へ」をクリック。


ページが移動したら、特記事項がない場合はそのまま「送信」をクリックします。


するとGIGAZINEからメールが届きます。掲載可能な時は「記事広告ヒアリングフォーム」と「記事広告発注フォーム」のリンクが記載されるので、まずはヒアリングフォームのURLをクリック。


以下のようなフォームが現れるので、メールアドレスやコースの選択などを済ませて……


さらに細かく訴求内容などを入力していきます。記事からリンクして欲しいURL・キャンペーン詳細・イチオシポイント・避けて欲しい事項・その他連絡事項などを入力して送信。


さらに、メールに記載されていたもう1つのURLから発注フォームも入力します。GIGAZINE記事広告では、SNSを使ってより多くの人にアピールしていきたい!という人向けにTwitter広告Facebook広告のオプションもつけられるので、さらなる情報発信力を追加する時は発注フォームからオプションをつけてもOK。


すると「正式受注」のメールが届き、基本的にはこれだけで記事広告を掲載するために必要な作業は終了。あとはGIGAZINEに在籍するプロフェッショナルの編集部員が、経験とデータを基に、そのサービスや製品をできるだけ多くの人に知ってもらい、「欲しい!」という人に届けるための記事をがんばってせっせと作成してくれます。


まずは専任の担当者がGIGAZINEの広告担当からヒアリングフォームの内容を受け取り、ウェブサービスの内容を確認したら記事タイトル・切り口・トップ画像・記事構成など企画案を作成します。


その後、記事作成担当・チェック担当・広告担当・GIGAZINE編集長でミーティング。GIGAZINEで蓄積したデータや時流を踏まえ、サービスのどの部分に焦点を当てて訴求していくことで最大の効果が得られるのかを議論します。このプロセスは記事広告の標準コースでも完全おまかせコースでも同じのなので、コースによって質が異なるということはあり得ません。


ミーティング後、GIGAZINEの広告担当は記事の掲載日が決まり次第、広告担当からクライアントにメールで掲載日の連絡をします。そう、完全おまかせコースなら基本的に編集部側が最も効果的な掲載日を決めてくれるので、「どの日が一番効果が高くなるのか?」という煩わしさからも解放されるのです。


そして記事作成担当が実作業に入ります。今回の例の場合、記事内でダウンロードから使用する様子までを展開していくことでユーザーがサービスを仮想体験できるような「レビュー記事」で仕上げていくことになりました。

ウェブサービスやアプリの場合、担当者がスマートフォンやパソコンとにらめっこし、一生懸命がんばって記事化します。「ここがすごい!」というところを徹底的に記事中で見せていくため、朝から晩まで使い続けます。これによってただのリリース情報では伝えられない「生の情報」を読者に届けることができ、隠された本来の魅力を表に出して、ぐっとユーザーを引きつけられるようになります。


完成した記事はいったんチェック担当者がチェック。


その上で編集長チェックに回ります。複数の人の目を通すことで、より多角的な視点で記事をレベルアップ可能なわけです。


掲載日の朝9時になると、以下のような感じでGIGAZINE上に記事が掲載されます。


……という感じで、あなたの時間や手間を省きつつ、圧倒的なお手軽さの中でもクオリティを確保しているのが「完全おまかせコース」です。実際に、GIGAZINEの記事広告はどのような記事になるのか?という実例は、以下から見ることが可能です。

記事広告カテゴリ


また完全おまかせコース以外にも、GIGAZINEでは「やっぱり事前チェックがしたい!」「掲載日を指定したい!」という人向けの標準コースや、10営業日以内でも爆速で記事作成を行う特急コースなどを用意しています。各コースの詳細や価格表については、以下からお問い合わせください。

広告のお問い合わせ -GIGAZINE-

GIGAZINE広告お問い合わせフォーム
価格表のパスワードお問い合わせや広告展開などに関して法人のお客様からのご相談を承っております。
広告に関するお問い合わせ以外の件についてはご回答できかねますのでご了承ください。

*土曜日・日曜日・年末年始ほか、当社休業日にいただいたお問い合わせについては、翌営業日以降の回答となります。
*返信が3営業日過ぎても来ない場合やお急ぎの場合は072-621-1576までFAXして下さい。
*こちらのフォームからの送信ができない場合は、FAXをご利用ください。
*必須
お問い合わせ内容 (本文) *
会社名/法人名 *
会社の公式サイトのアドレス *
所属部署
ご担当者名 *
住所 *
お電話番号 *
メールアドレス *

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
無料&簡単に予約システムが作れてクレカ決済機能やキャンセル料の設定、会員向けの月会費コース導入も自由自在な「SELECTTYPE」レビュー - GIGAZINE

服を買いに行く服がなくてもなんとかなる「メンズファッションプラス」で上下セットをサクッとポチってみた - GIGAZINE

ド素人からでもお絵描きのスキルと知識が動画やダウンロード可能なファイルで身につく「パルミー」厳選10講座まとめ - GIGAZINE

無料&簡単にオンライン予約システムが作れる「SELECTTYPE」レビュー、ウェブサイトへの埋め込みもラクチンで超絶多機能にすることも可能! - GIGAZINE

PC・車のオリジナルステッカーやお店の看板にもなる「カッティングシート」を1枚から手軽に注文できる「QUACK WORKS」レビュー、意外な使い方もアリ - GIGAZINE

自室にいながら仕事のチャンスやコネをどんどん作って理想の働き方に近づくSNS「LinkedIn(リンクトイン)」は何がすごいのか実際に使ってみた - GIGAZINE

in レビュー,   広告, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.