ハードウェア

NVIDIAが安価な人工知能開発キット「Jetson Nano 2GB」を発表


NVIDIAは、オンラインで開催されたジェンスン・フアン最高経営責任者(CEO)による「GTC2020」の基調講演で、人工知能(AI)初学者向けの開発キットであるJetson Nanoの安価なバージョン「Jetson Nano 2GB」をリリースすることを発表しました。

Jetson Nano 2GB Developer Kit | NVIDIA Developer
https://developer.nvidia.com/embedded/jetson-nano-2gb-developer-kit


NVIDIA Announces $59 Jetson Nano 2GB, A Single Board Computer With Makers In Mind | Hackaday
https://hackaday.com/2020/10/05/nvidia-announces-59-jetson-nano-2gb-a-single-board-computer-with-makers-in-mind/

NVIDIA Gives Jetson Nano Dev Kit a Trim: 2GB Model For $59
https://www.anandtech.com/show/16138/nvidia-gives-jetson-nano-dev-kit-a-trim-2gb-model-for-59

Jetson Nano 2GBは、2019年にリリースされたJetson Nanoのコストを抑えたバージョンでサイズ・消費電力・CPUは同じもの。違いの1つは名前が示す通り、RAMが4GBから2GBに変更されている点です。

以下がJetson Nano 2GBの画像。Jetson Nano 2GBはボード上のコネクタなどにも変更が加えられており、DisplayPortおよびM.2スロット・CSIカメラコネクタ1つが取り外されています。USBポートの数は4つから3つに減少していますが、代わりにUSB-Cポートが1つ追加されました。


Jetson Nano 2GBのスペックは以下の通り。


Jetson Nano 2GBの価格は59ドル(約6200円)となる予定で、ベースモデルであるJetson Nanoの99ドル(約1万460円)と比べると40%ほど価格が抑えられています。テクノロジー系ニュースメディア、Hackadayのトム・ナルディ氏は「どちらもハードウェアはほぼ同じなので、新しいベンチマークを実行してもまったく意味がないでしょう。もしソフトウェアが99ドルのNanoで動くなら、59ドルのNanoでも同じように動くはずです。ただ、59ドルのNanoは使用可能なRAMが半分しかないので、一部のアプリケーションでは動作に問題が発生する場合があります」とコメントしています。

また、NVIDIAはJetson Nano 2GBの発表に加えて、Jetsonシリーズを使ったオンラインのAI開発トレーニングコース「Jetson AI Certification」を実施することも発表しています。Jetson AI Certificationは無料で提供される予定。

NVIDIAによるJetson Nano 2GBのムービーは以下から確認できます。

Getting started with Jetson Nano 2GB Developer Kit - YouTube


Jetson Nano 2GBは2020年10月末より出荷される予定で、先行予約販売は2020年10月6日(火)から開始されています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
NVIDIAがクラウドAIでビデオ会議を加工できる新プラットフォーム「Maxine」を発表 - GIGAZINE

NVIDIAが次世代「Ampere」アーキテクチャのデータセンター向けGPU「NVIDIA A100」を発表 - GIGAZINE

2万円以下で購入できる世界最小スーパーコンピューターをNVIDIAが発表 - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.