試食

ブラックサンダーのアイデンティティをアップルパイ感が脅かす「ブラックサンダープリティスタイル カスタードアップルパイ」試食レビュー


ペヤングからアップルパイ味が登場しましたが、2020年10月5日(月)からブラックサンダーにも「ブラックサンダープリティスタイル カスタードアップルパイ」が登場します。自社焼成パイに加え、クレープ風焼き菓子のフィアンティーヌを配合することでサクサク食感を表現し、ドライアップルをたっぷり配合したというアップルパイ味のブラックサンダーを実際に食べてみました。

ブラックサンダープリティスタイル カスタードアップルパイ 10月5日(月)より全国のコンビニエンスストア限定で新発売! | ニュース | 有楽製菓


ブラックサンダーのアップルパイは棒状ではなく、サイコロ状の「プリティスタイル」シリーズの新作。いつもであればパッケージに「黒い雷神」と書かれているブラックサンダーですが、りんごがたっぷり入っているからか「ゴロゴロ雷神」に変化しています。


原材料名には準チョコレートと並んで糖漬け乾燥りんご、パイ、フィアンティーヌといったアップルパイっぽい名称が並んでいます。


カロリーは1袋46gで245kcal。


袋には計8個のチョコレートが入っていました。


1つ1つは指でつまめるサイズです。


チョコの断面はこんな感じ。ココアクッキーの存在も見てとれますが、全体的にフィアンティーヌなどが多めです。見たところりんごがゴロゴロ入っている感じではありませんが、食べてみると、濃縮されたりんごの甘さと香りがぶわっと広がり、存在感はかなり高め。ブラックサンダーといえば中に入ったビスケットなどのザクザク食感が特徴的ですが、この品はパイとフィアンティーヌでサクサクとした軽めの食感。そこに、しっとりとしつつ固めのドライアップルが入っているので、かなりアップルパイっぽい風味に寄っているのですが、一方で定番のブラックサンダーとはかなり離れた品となっており、ブラックサンダーらしさを求めて購入すると肩すかしを食らいそうです。


なお、ブラックサンダープリティスタイル カスタードアップルパイは税別120円で、全国のコンビニエンスストア限定での販売となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「ペヤング アップルパイテイストやきそば」という未知なる味が登場、普通のペヤングと食べ比べてみた - GIGAZINE

144層のさくさくパイ生地にトロッとしたお芋ペーストとカスタードが詰まった「焼きたてカスタードお芋アップルパイ」を食べてきた - GIGAZINE

20種類以上の多種多様なパイが食べられる「Pie Holic」で3種を1枚にまとめた欲張りなトリオパイを食べてきた - GIGAZINE

アップルパイ専門店「グラニースミス」が兵庫・西宮ガーデンズに関西初オープンしたので限定の「塩キャラメル アップルパイ」を食べてきた - GIGAZINE

生クリーム専門店「ミルクカフェ」が大阪・梅田にオープンしたので究極の生クリームがたっぷり乗った「生クリーム林檎パイ」を食べてきた - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.