ソフトウェア

Googleマップで新型コロナウイルスの流行状況がチェック可能に


Googleマップに「COVIDレイヤー」を実装することをGoogleが発表しました。このレイヤーは、各地域の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報を表示するもので、外出の際に「目的の場所に行っても大丈夫か?」ということを決める手助けとなるとのことです。

Navigate safely with new COVID data in Google Maps
https://blog.google/products/maps/navigate-safely-new-covid-data-google-maps/

実際のCOVIDレイヤーは以下のような感じ。Googleマップを開くと、マップの右上に「See COVID-19 info」と表示されます。


レイヤーメニューに「OVID-19 info」と表示されるのでタップ。


すると以下のように、感染状況に応じてマップが色分けされて表示されます。マップは10万人あたりの新規感染者数を1週間平均で示しており、グレーから赤に近づくほど感染者数が多くなります


データが示されるのは全世界220カ国で、場所によっては州・郡・市レベルで細かく表示されるとのこと。マップを国レベルで表示すると国レベルでの感染状況がわかり……


拡大していくとさらに細かく見られるわけです。


なお、Googleマップに表示される感染データは病院や自治体、WHOなど、さまざまな機関をソースにしているとのこと。なお、この機能はAndroidとiOSで順次展開中となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
新型コロナウイルスにかかると肌に現れる症状8つ - GIGAZINE

新型コロナウイルス感染症の症状には「発症順序」があると判明 - GIGAZINE

科学によって論破された「新型コロナウイルスにまつわる14のデマ」 - GIGAZINE

「新型コロナウイルスの免疫は数週間しか続かない」という新たな研究結果 - GIGAZINE

なぜ新型コロナは人口の80%に感染する前に急速な感染拡大を止めたのか? - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.