ネットサービス

Facebookが偽アカウントを使って誤情報を拡散する不正な中国ネットワーク・フィリピンネットワークを削除

by Book Catalog

Facebookが「偽のアカウントを通じて人々に誤情報を拡散した」として中国とフィリピンを中心としたネットワークを削除したことを発表しました。これらの偽アカウントは中国・フィリピン国内の政治に関する偽情報を拡散するとともに、トランプ大統領や元アメリカ合衆国副大統領のジョー・バイデン氏の誤情報を流していたとのことです。

Removing Coordinated Inauthentic Behavior - About Facebook
https://about.fb.com/news/2020/09/removing-coordinated-inauthentic-behavior-china-philippines/

Operation Naval Gazing
https://graphika.com/reports/operation-naval-gazing/

Facebook Takes Down Fake Pages Created in China Aimed at Trump, Biden - The New York Times
https://www.nytimes.com/2020/09/22/us/politics/facebook-china-election-interference.html

Facebook removes inauthentic assets linked to the Philippine military | by @DFRLab | DFRLab | Sep, 2020 | Medium
https://medium.com/dfrlab/facebook-removes-inauthentic-assets-linked-to-the-philippine-military-b61f9a38cb4a

Facebookの発表によると、偽装行為のポリシー違反で削除されたのはFacebookアカウント155個、11ページ、9グループ、そしてInstagramアカウント6つを持つネットワーク。これらの活動は中国で始まり、アカウントは標的にした国の住民を装いグループに投稿したり、「いいね」を押しコメントを残すことで投稿の拡散力を増加させたりしていたとのこと。拡散された投稿はロドリゴ・ドゥテルテ大統領やその娘で弁護士のサラ・ドゥルテ氏を支持する内容を中国語・フィリピン語・英語で書いたものや、元CNN女性記者が立ちあげたソーシャルニュースサイト「Rappler」を批判する内容が主でした。


この活動の中でFacebookに対し約60ドル(約6300円)の広告費が人民元で支払われており、Facebookの調査から、福建省の個人とのつながりが発見されています。またアメリカ大統領選に向けてトランプ大統領やバイデン元副大統領に関する投稿もありましたが、これは大統領選に向けた世論操作のためというより、注目度の高いトピックを扱うことでフォロワーを増やすことが目的だったとみられています。中国での活動は検出されているものの、中国当局は活動が「アメリカ大統領選へ影響を与えようとしている」ことを明確に否定しているとのことです。

加えて、「認証がないのにフィリピンの政府機関かのように振る舞って活動している」ことを理由に、別のネットワークも削除されました。このネットワークはFacebookアカウント57個、31ページと、Instagramアカウント20個を持ち、全部で27万人のフォロワーを持っていたとのこと。

DFRLabによると、フィリピンのネットワークにおけるアカウントは2015年に作成され、反共産主義のコンテンツを投稿し、軍や警察の権限を拡大するフィリピンの反テロ法を支持する内容を投稿していたとのこと。また活動は2019年から2020年にかけて加速し、時間と共に投稿数が増加しました。


アカウントのいくつかは数人程度のフォロワーしか持ちませんでしたが、「Talahib」というアカウントは5万9523人のフォロワーが存在し、大きな影響力があったとみられています。


このネットワークを運営する人々はセキュリティ対策を行うことにより身元を隠そうとしたとのことですが、Facebookの調査によってフィリピン軍とフィリピン警察とのつながりが突き止められているとのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
FacebookとWhatsAppのフェイクニュースを信じた群衆によって無実の2人がリンチのすえ火あぶりに - GIGAZINE

Facebook上のヘイトスピーチがエチオピアで大虐殺を招きつつある - GIGAZINE

Facebookの人権・公民権の監査レポートで「Facebookはひどい前例を作り出した」との酷評 - GIGAZINE

Facebookが創業当時から性的指向・人間関係・政治的な傾向でターゲットを絞って広告事業を行っていたことを示す貴重な資料 - GIGAZINE

ロシアの活動団体がニュースメディアを装って世論工作を行っているとFacebookが発表 - GIGAZINE

「Facebookのアルゴリズムが人々の分断を促している」という内部レポートをFacebook幹部が無視していた - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.