メモ

「実家住みの若者」の割合が初めて50%を突破


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックによって、アメリカで両親と暮らす若者の数が急増しています。アメリカ合衆国国勢調査局の新たな調査によって、実家に暮らしている18歳から29歳の若者が調査開始以来初めて過半数を超えたことが明らかになりました。

52% of young adults in US are living with their parents amid COVID-19 | Pew Research Center
https://www.pewresearch.org/fact-tank/2020/09/04/a-majority-of-young-adults-in-the-u-s-live-with-their-parents-for-the-first-time-since-the-great-depression/

両親と暮らしているアメリカの若者が過半数を突破したと報告したのは、アメリカ国内の政治や経済、ジェンダーなどの幅広いテーマを調査するシンクタンク・ピュー研究所です。ピュー研究所はアメリカ合衆国国勢調査局の月次調査のデータを独自にまとめ、「両親と暮らす若者の割合の推移」を可視化しました。

ピュー研究所が公開した、アメリカの18歳から29歳の若者のうち、両親と一緒に暮らしている割合が以下。2020年の推移は緑色のグラフ、2019年の推移が黄色のグラフで表されています。2019年においては両親と一緒に暮らす若者の割合は46%~47%とほぼ横ばいですが、2020年2月から1月あたり2%というペースで増加を続け、2020年4月に過半数である51%に到達。以降の割合は52%で安定しています。


ピュー研究所によると、2020年2月から7月にかけて、両親と一緒に暮らすことを選択した若者はおよそ260万人増加したとのこと。この増加傾向は人種・民族・性別や、都市部・農村部などの居住区域によらず共通でしたが、特に「18歳から24歳の若年層」と「白人の若者」の間で顕著でした。ピュー研究所の独自調査によると、両親と一緒に暮らす若者が急増したのは「COVID-19のパンデミック」が原因。若者のうち9%がパンデミック中に引っ越しており、引っ越した若者のうち23%が「大学のキャンパスが閉鎖された」、18%が「経済的な理由から引っ越さざるを得なくなった」と回答しています。

両親と一緒に暮らす若者の割合が50%を突破したのは、アメリカ合衆国国勢調査局の120年にも及ぶ調査の中で初のことです。問題の割合の1900年以降の推移を可視化したグラフが以下。なお、2000年以降は同調査を毎月行っていますが、過去においては10年ごとに調査が行われたため、以下のグラフは10年ごとというスパンで統一されています。調査開始時点の1900年から1930年まで両親と一緒に暮らす若者の割合はほぼ横ばいでしたが、1930年代に発生した世界恐慌によって急増。1940年には48%という「ほぼ半数」に達しています。第二次世界大戦終結後には朝鮮戦争やベトナム戦争の戦争特需を受けて、この割合が29%にまで低下。以降は徐々に増加傾向を示しましたが、COVID-19パンデミックを受けてついに過半数を突破しています。


ピュー研究所の調査によって、パンデミックによって最若年層である18歳から24歳の若者が経済的苦境に立たされていると示されています。2020年2月から6月にかけて就学も就職もしていない18歳から29歳の若者の割合が11%から28%に急増しており、他の年齢層よりも失業したり給与を受け取れなかったりする確率が高いとのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
若い時に不景気だと40年以上にわたって「人生の幸福度」に悪影響が及ぶとの指摘 - GIGAZINE

「今どきの若者は精神的にもろい」という主張は本当に正しいのか? - GIGAZINE

なぜ若者の収入は減り続けているのか? - GIGAZINE

「若者のセックス離れ」がアメリカでも深刻だと判明 - GIGAZINE

若者がTVや新聞のニュースを信頼しないのは「若者の意見や経験がニュースでほとんど扱われないから」という指摘 - GIGAZINE

in メモ, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.