ネットサービス

Amazonのレビュアーランキング上位10名中7人が「ステマレビュー」を投稿、Amazonは2万件のレビューを削除


無料の商品提供や報酬などと引き換えに好意的なレビューを投稿する「ステマレビュー」はレビューシステムをゆがめるとしてECサイトでは禁止されているだけでなく、不当表示として景品表示法にも抵触する可能性があります。イギリスの経済紙Financial Timesの新たな調査によって、同国のAmazon上でトップレビュアーとして活躍している10人中7人がステマレビューを投稿していることが明らかになり、Amazonは2万件のレビューを削除することとなりました。

Amazon deletes 20,000 reviews after evidence of profits for posts | Financial Times
https://www.ft.com/content/bb03ba1c-add3-4440-9bf2-2a65566aef4a

Amazon takes down a five-star fraud in the UK - The Verge
https://www.theverge.com/2020/9/4/21423429/amazon-top-reviewers-uk-fraud

Amazon’s top UK reviewers appear to profit from fake 5-star posts | Ars Technica
https://arstechnica.com/gadgets/2020/09/amazons-top-uk-reviewers-appear-to-profit-from-fake-5-star-posts/

Amazonは同社のプラットフォームにレビューを投稿するユーザーについて、総レビュー数や参考投票の数、「役に立った」割合などから順位を付ける「トップレビュアー」というランキング制度を設けています。トップレビュアーが投稿したレビューはユーザー名の横にトップレビュアーである旨が表記されているため、他のレビュアーに比べて購入者により大きな影響を与えます。


Financial Timesの調査によって、イギリスのAmazonトップレビュアーランキング1位のユーザーであるJustin Fryer氏は、「4時間あたり1本」という異常な頻度で星5レビューを投じていたことが判明。Fryer氏が投稿したレビューの多くは中国企業の製品に対するもので、レビューした製品の総額は2020年8月の分だけでも1万5000ポンド(約210万円)に達していたとのこと。

さらに、Fryer氏はレビューした商品をeBayで販売し、2万ポンド(約280万円)を稼いでいたことも判明。販売された商品は「未使用」「未開封」とされていたため、企業から無償で得た商品をレビューした後、未開封と偽って販売したとみられています。以下の画像の上側はFryer氏がAmazonに投稿したレビューで、下側はこのレビューした商品をFryer氏がeBayで販売したという証拠です。


Fryer氏はFinancial Timesの質問に対して「報酬と引き換えにレビューを投稿したことはない」「レビューした商品を未開封としてeBayで販売していたのは同じ商品を複数所有していたため」と答えています。

Financial Timesの分析によると、イギリスのAmazonトップレビュアーランキング上位10人のうち、9人が報酬を受け取ってレビューを投稿していた可能性があるとのこと。こうしたレビュアーは、無名の中国企業の製品に大量の星5レビューを投じていました。


Amazonはこうした「ステマレビュー」に対して、「商品の無料提供や値引き提供といった、何らかの報酬の対価としてレビューを投稿する行為」を2016年から明確に禁止しています。

Amazonがカスタマーレビューに関する規約を改定、非公式の無償・割引提供を受けたレビューが禁止される - GIGAZINE


今回の一件について、Amazonはトップレビュアーランキング上位10名のうち、7名のレビューおよそ2万件を削除しました。

ステマレビューを専門とする分析企業のFakespotは、イギリスのAmazonで販売されている製品のおよそ58%にステマレビューが投稿されているとのこと。Fakespotは、「イギリスのAmazonにおけるステマレビューの割合は他のプラットフォームよりもはるかに高い」と語っています。

by William Warby

Amazonの広報担当者は、このニュースを報じたIT系ニュースサイトThe Vergeに対して「当社はレビュアーと販売パートナーの両方に対して明確なポリシーを定めており、コミュニティ機能の乱用を禁止し、ポリシーの違反者に対してアカウントの一時停止や削除、法的処置などを講じています」「Amazonカスタマーに対して、掲載されているレビューが本物で適切なレビューであると知って、安心して買い物をしていただきたいと考えています」とコメントしました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Amazonの不正レビューを一発で判定して「真の評価」を教えてくれるアプリ「レビュー探偵」 - GIGAZINE

Amazonの不正レビューを判定するだけではなく「なぜ不正レビューと判定されたのか」も詳しく教えてくれるネットサービス「ReviewMeta」 - GIGAZINE

Amazonでレビューを書いているトップレベルのユーザーはタダでいろいろともらいまくり - GIGAZINE

Amazonが対価5ドルで偽レビューを売っていた1114人のユーザーを提訴 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.