動画

4歳女児がユニコーンに乗って漂流していたところを救出される


令和元年(2019年)夏期における(PDFファイル)水難事故は461件で、水難者は594人、うち死者・行方不明者は239人でした。水難事故の件数自体は減少してきていますが、まだまだ多くの人が事故に巻き込まれており、犠牲者の中には子どもも多く存在します。ギリシャでも、両親が少し目を離したスキにユニコーン型の浮きに乗った4歳の女の子が沖に流される事件が起こりました。

Little girl drifts out to sea on inflatable unicorn
https://nypost.com/2020/08/25/little-girl-drifts-out-to-sea-on-inflatable-unicorn/

少女がのっていたのは、以下のようなユニコーン型のボート。浮輪のように空気を入れて膨らませるタイプです。


実際に救出された時の様子は以下のムービーから確認できます。

4-Year-Old Girl Rescued From Runaway Inflatable Unicorn - YouTube


少女が発見されたのはギリシャのパトラ湾。


女の子は海辺で遊んでいたそうですが、両親が目を離した少しの間に視界から消えてしまったとのこと。慌てて両親が港の警備隊に報告し、当局から地元のフェリー「Salaminomachos」のキャプテンへと連絡が入ったとのこと。近海を運行していたフェリーが捜索を行ったところ、ユニコーンにのった女の子が海をただよっている様子が発見されました。以下がその時の様子。フェリーの遠くに白い点のようなもの見えます。


だんだん近づくと……


女の子がユニコーンにしがみついているのがわかります。


救出している距離に。手前の男性はロープを持っているのがわかります。


無事女の子を救出。ユニコーンも回収されました。


「アンティリオ港に近づいた時、当局から女の子が近郊のビーチから流されたと連絡を受けました。こんなに小さな女の子だとは予想していませんでした」と船のキャプテンであるGrigoris Karnesis氏は当時を振り返っています。「彼女は恐怖から震えていました。この時の潮の流れはすごく速かったんです。私は小さな浮きに影響しないように船を近づけ、波の影響を受けない位置に停留させました。浮きが沈んでしまったら大変ですから。そしてゆっくりと、子どもを救出しました」とのこと。フェリーのクルーたちは両親に引き渡すまでの間、おかしな顔を作ったりして女の子の恐怖を和らげていたそうです。


なお、このフェリーは女の子を救出する少し前に、マットレスに乗って漂流していた男性を救出していたそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
海でたった1人で75時間も漂流したとき、どうすれば生き残ることができるのか? - GIGAZINE

ライフジャケットなしの海がいかに危険なのかスクロールして追体験できるムービー - GIGAZINE

世界の終わりが到来して文明が失われた時に生き残るサバイバル術で最も重要なこととは? - GIGAZINE

本当に溺れている人は溺れているようには見えないし周囲の誰も気づかないという実例ムービー - GIGAZINE

嵐や猛獣が襲いかかる無人島での壮絶サバイバル生活を全員で協力しながら送る「ロビンソン・クルーソー 呪われし島の冒険」レビュー - GIGAZINE

in 動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.