動画

黒猫の妖精の旅路と成長を描く中国のアニメ映画「羅小黒戦記」日本語吹替版の公開が決定


住む場所を追われた黒猫の妖精・シャオヘイが、植物を操る妖精・フーシーらとともに繰り出す冒険の旅路と、その中でのシャオヘイの成長を描いた、中国製作のアニメ映画「羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)」の日本語吹替版公開が決定しました。

映画 羅小黒戦記 (ロシャオヘイセンキ/THE LEGEND OF HEI) 公式サイト
https://heicat-movie.com/

「羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来」特報 - YouTube



主人公・シャオヘイ役は花澤香菜さん。最強の執行人・ムゲン役は宮野真守さん。シャオヘイを導くフーシー役は櫻井孝宏さん。この3人が主要キャストで共演した作品としては、2017年から2018年に全3部作が公開されたアニメ版の映画「GODZILLA」シリーズや、2019年公開の「HUMAN LOST 人間失格」などがあります。

メインキャスト、およびプロデューサーからのコメントは以下の通り。

シャオヘイ役・花澤香菜さん:
シャオヘイはネコと子供の可愛さを持ち合わせたキャラクターです。だから、両方の要素を取り入れて、可愛く! 純粋に! という点を意識して演じました。
物語の最初でシャオへイは、それまで住んでいた場所を追われてしまいます。それが彼の成長の始まりです。自分にとって味方とは? 敵とは? ということを自分なりに判断して生きようとします。しかも価値観がひっくり返えるような体験もします。
でもそういう状況を通じて、シャオヘイは迷いながらも、逞しくなっていきます。
だからこそシャオヘイが強い意志を持って戦うシーンはとても印象的です。戦闘シーンのダイナミックさは、この作品の魅力ですが、いつもはかわいらしいシャオヘイが勇ましく戦う時の表情や演出は必見です。息苦しい生活が続く中ですが、劇場で大冒険ができる素敵な機会だと思います。お楽しみに!!!


ムゲン役・宮野真守さん:
この作品の繊細な表現、大胆なアクション、丁寧なアニメーションの演出にまず引き込まれました。
作中では、自然の中に暮らす妖精と人間は複雑な関係にあります。どちらにもよいところと悪いところがあり、そこに対立が生まれてしまう。では、対立しないようにするにはどうすればいいか。とても普遍的なテーマを扱っている作品でもあります。
ムゲンは、人間でありながら妖精の世界に関わる人物です。人間と妖精の間に立とうとする、彼の「立場」を意識して演じました。「立場」を通じて彼の信念が見えてくるところに魅力があります。そして、映画ではムゲンだけでなく、いろいろなキャラクターがシャオヘイと出会います。そして何にも染まっていないシャオヘイと出会うことで、それぞれが持っているものが見えてきます。
豪華なキャストが参加する作品の中に加わることができてとてもうれしいです。是非、劇場でぜひ楽しんでください。


フーシー役・櫻井孝宏さん:
フーシーはとても共感できるキャラクターでした。彼の行動は正しいとはいえないのかもしれません。でも、彼の中には“大義”と呼べるものがありますし、「きれいごとだけでは世の中は変えられない」という方向に心が傾いていく心情もよくわかります。彼はただ、その先にある光に一生懸命手を伸ばしただけなんです。だから悪役っぽい表現にならないよう意識しました。ムゲンと戦う時は、正面から勝ちにいきました。シャオヘイがムゲンとフーシーという、光と影のような二人に出会ったことに意味があるのだと思います。
この作品は、アクションが巧みにストーリーの中に織り込まれています。シンプルだけれど本質的なメッセージ性が込められたこの作品を、今、楽しむことができるというのはなかなか得難い体験だと思います。自分自身。この作品と出会って自分の原点を再確認することができました。映画館の大きなスクリーンで見ていただければと思います。


アニプレックス 中山信宏プロデューサー:
この作品を初めて知ったのは、Twitter上のとあるクリエイターの方の投稿からでした 。そこからTwitter上でこの作品に対する熱量のある数多くの投稿を見ることが多くなったある日、社内のある人間から「すごい作品があるんです、是非見てください」と言われ、そこで自分でも作品を観て、正直に、「これは凄い作品だ」と思いました。中国で製作されていながら、どこの国にも通じる純粋に面白い物語だと思いましたし、画面にこめられたクリエイターの熱量には、アニメーション製作に関わる者として、ある意味、嫉妬をするほどでした。そしてそんな気持ちを超えて、この作品のファンになった者として、日本語版を作ることで、より多くの人にこの作品の面白さ、素晴らしさが伝えられるのではないかと思い、今回の企画を進めました。
花澤さんをはじめとした実力派声優の演技、また岩浪音響監督のディレクションなど、多数の方のご協力によって、吹替版ならではの新たな魅力の追加された『ロシャオヘイセンキ』を完成させることができました。是非劇場でご覧いただけますと幸いです。
ちなみに今この吹替版制作のアシスタントを務めているのは、社内で私にこの作品を薦めてくれた者です。権利許諾など、彼が率先して動いてくれたおかげで、この吹替版を制作することができました。これもまた『ロシャオヘイセンキ』という作品が持つ魅力に魅了された者の熱量によってなしえたものだと思います。

「羅小黒戦記」は中国の漫画家でアニメ監督でもあるMTJJとアニメ制作会社・北京寒木春華動画技術有限公司(HMCH)が制作した作品。寒木春華は、もともとMTJJが設立した「羅小黒戦記工作室」を前身とした会社です。2011年に映画の原作にあたるFLASHアニメ版(全28話)がネット公開され、中国を代表するアニメの1つといえるほどの人気を集め映画化されました。

なお、中国での興行収入は3億1500万人民元(約49億円)。日本では2019年10月から字幕版が小規模ながら公開され、話題を呼びました。なお、字幕版上映は一部劇場ではかなりのロングランとなり、2020年8月13日(木)に最終上映を迎えたところです。


日本語吹替版「羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来」は、2020年11月7日(土)公開。シャオヘイのアクリルストラップが数量限定でついてくる全国共通前売券は税込1500円で、2020年9月5日(土)発売です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
大ヒット絵本原作のアニメ「映画 えんとつ町のプペル」特報映像公開 - GIGAZINE

ネオ・ヴェネツィアの新たな時間が動き出す映画「ARIA The CREPUSCOLO」特報映像公開 - GIGAZINE

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編の本予告映像公開 - GIGAZINE

映画「シドニアの騎士 あいつむぐほし」2021年公開に向け特報映像解禁、原作にない新要素追加もあり - GIGAZINE

「HUMAN LOST 人間失格」木﨑文智監督&冲方丁さんインタビュー、太宰治の小説からSFダークヒーローものがどのように生み出されたのか? - GIGAZINE

「GODZILLA 星を喰う者」虚淵玄・静野孔文・瀬下寛之鼎談インタビュー、あのラストはどのように生み出されたのか? - GIGAZINE

in 動画,   映画,   アニメ, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.