ハードウェア

ルンバ管理アプリ「iRobot Home」に機械学習機能が搭載、ユーザーの習慣や好みに合わせたクリーニングを自動で実行してくれるように進化


ルンバ」に代表されるiRobotのロボット掃除機の中でも、Wi-Fi対応したモデルの挙動を機械学習で改善する「iRobot Genius Home Intelligence」アップデートが管理アプリ「iRobot Home」に登場しました。

iRobot Unveils Personalized Cleaning Experiences Powered by iRobot Genius™
https://www.multivu.com/players/English/8620651-irobot-genius-home-intelligence/

iRobot is giving its vacuum cleaners a new AI-powered brain - The Verge
https://www.theverge.com/2020/8/25/21377585/irobot-ai-software-update-home-intelligence-genius-app

「iRobot Genius Home Intelligence」は、フラグシップモデルのルンバなどのWi-Fiに対応したiRobot製お掃除ロボットの挙動を改善してくれるアップデートです。「iRobot Genius Home Intelligence」アップデート後の「iRobot Home」は以下のような見た目。


ハイエンドモデルのiRobot製お掃除ロボットには家屋の間取りを自動把握してくれる「imprint スマートマップ」が搭載されていますが、「iRobot Genius Home Intelligence」アップデートによってソファ・テーブル・キッチンカウンターなどの家具も認識するようになるとのこと。さらに、デジタルアシスタントを介して「ルンバ、テーブルの下を掃除して」というように、汚れやすい家具の周囲だけをピンポイントで掃除させることも可能になりました。


加えて、「最適な掃除スケジュールの提案」機能も新たに登場。「食後にダイニングルームを掃除する」「月曜日の朝は玄関を掃除する」「金曜日の夜はリビングルームを掃除する」といった、別個のお掃除スケジュールをユーザーの清掃パターンから自動で提案してくれます。「家を出たら掃除をスタートする」といったスケジュールも設定可能とのこと。


スケジュールの「お気に入り」機能では、ボタン1つであらかじめ設定したお掃除ルーチンを実行可能。例えば「ダイニングとキッチンカウンターを掃除する」というルーチンを設定しておけば、料理や食事によって出たパンくずなどのゴミをサクッと掃除できます。


機械学習によって、ペットの換毛期や花粉症の季節などには「掃除頻度を上げる」ように提案してくれます。さらに、過去の掃除から自動で「掃除禁止区域」を学習することも可能。


「iRobot Home」の「iRobot Genius Home Intelligence」アップデートは、2020年8月25日から順次提供されます。記事作成時点では、「iRobot Home」のホーム画面が更新されていることは確認できたものの、その他の機能が実装されているかは不明でした。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ルンバで知られるiRobotの会長が「失敗した自社事業」を解説、「ビジネスモデル構築の難しさ」について語る - GIGAZINE

ルンバのイメージを覆すデザインで「完璧な清掃」を実現した性能も価格も折り紙付きのフラッグシップ「ルンバ s9+」レビュー - GIGAZINE

ルンバ最新フラグシップモデル「ルンバ i7+」レビュー、ゴミを見ることなく処分できる全自動ゴミ収集機「クリーンベース」搭載でロボット掃除機の完成形に - GIGAZINE

ルンバと同じ全自動床ふきロボ「ブラーバ380j」実機レビュー、約4ヶ月間使用してわかったこと - GIGAZINE

「ルンバはどれを買うべきか」議論に終止符を打つほどコスパ最強の水洗い可能ダスト容器搭載の「ルンバe5」レビュー - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.