メモ

ポリオをアフリカから撲滅したとWHOが宣言

by hdptcar

手足のマヒといった症状が現れるポリオは、主に人の便を介して感染が拡大し、永続的な後遺症を残すこともあります。アフリカ大陸では長年ポリオが問題となってきましたが、世界的な支援を受けてのワクチン普及活動により、2020年8月25日、ついにアフリカから野生株のポリオが根絶されたと発表されました。

Africa Celebrates the End of the Wild Poliovirus (but Not the End of All Polio) - The New York Times
https://www.nytimes.com/2020/08/24/world/africa/polio-africa-eradicated.html

Wild Polio Wiped Out In Africa — But Vaccine-Derived Polio Persists : Goats and Soda : NPR
https://www.npr.org/sections/goatsandsoda/2020/08/25/905884740/africa-declares-wild-polio-is-wiped-out-yet-it-persists-in-vaccine-derived-cases

日本では1910年~1960年代に流行したポリオですが、ワクチン摂取の広まりにより1980年代以降は野生株の発生が報告されていません。一方で、パキスタン・アフガニスタン・インド・アフリカ大陸各国ではポリオ発生率が低下しているものの、長い間撲滅には至っていませんでした。しかし、ワクチンの普及の結果、インドでは2014年3月に根絶が宣言されました。さらに、世界保健機構(WHO)は2020年8月25日に、アフリカの野生株のポリオが根絶されたと宣言しました。

アフリカ大陸のうち、ポリオの発生が問題視されていたのはナイジェリアです。ナイジェリアではポリオワクチンの安全性を疑問視するウワサから、2003年にワクチンのボイコット運動が発生。その後5年間で、ナイジェリアを中心に周囲20カ国でポリオの大流行が起こりました。2015年にうわさを否定するワクチンキャンペーンが開始されてからは流行は落ち着いていったものの、2016年には4件の野生株の症例が報告されました。ナイジェリア北部は過激派グループのボコ・ハラムが活動しており、市民が医療にアクセスできないという問題もポリオ撲滅を阻害しました。

by Diariocritico de Venezuela

しかし、2016年に野生株による症例が報告された後、世界的な医療支援を受けて、政府と軍は衛生画像やデータ分析を駆使してワクチン接種のための計画を開始。2016年には80万人以上の子どもたちがワクチンを接種し、その成果もあり、アフリカ地域でのポリオの状況を判断するアフリカ地域根絶認定委員会(Africa Regional Certification Commission/ARCC)はアフリカで野生株のポリオが根絶されたと宣言しました。

アメリカや日本でのポリオワクチンは注射によるものですが、途上国の場合、経口摂取ワクチンが用いられます。経口摂取ワクチンはウイルスがまれに野生株に似たものに変異するため、全てのポリオが完全にアフリカから消え去ったわけではありません。WHOアフリカ地域責任者のマツィディソ・モエティ氏は「これはアフリカにとって重要なマイルストーンです。今や、アフリカの新しい世代の子どもたちは野生株のポリオが存在しない場所で暮らすことができます」と述べましたが、テドロス・アダノム事務総長は依然として「周知のとおり、これがポリオの終わりではありません」と注意を促しています。

by UNICEF Ethiopia

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
歴史上で多くの死者を出した病気の症状を特殊メイクで再現するとこうなる - GIGAZINE

世界のどこで「風しん」や「おたふく風邪」などの感染症が発生したかを地図表示する「Vaccine-Preventable Outbreaks」 - GIGAZINE

人類を幾度となく襲ってきた「パンデミック」の歴史 - GIGAZINE

ビル・ゲイツが「過去最高」と語った投資とは? - GIGAZINE

ペスト(黒死病)がイギリスの「パブ文化」を育てた - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.