サイエンス

新型コロナウイルス感染症の症状には「発症順序」があると判明


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、発熱に加えて、せき・くしゃみの呼吸器系症状や、強いだるさ(倦怠感)、味覚・嗅覚の喪失などのさまざまな症状を呈することが知られています。5万5000人の感染者を対象とした新たな研究から、COVID-19の症状は特定の「順序」で発症する傾向があると判明しました。

Frontiers | Modeling the Onset of Symptoms of COVID-19 | Public Health
https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fpubh.2020.00473/full

Study of More Than 55,000 COVID-19 Cases Reveals a Predictable Order of Symptoms
https://www.sciencealert.com/study-of-more-than-55-000-covid-19-cases-reveals-a-predictable-order-of-symptoms

COVID-19の症状の発生順序に関する研究を行ったのは、南カリフォルニア大学のジョセフ・R・ラーセン氏率いる研究チーム。研究チームは、世界保健機関が公開している中国で認定されたCOVID-19の確定症例5万5000人分のデータから症状の発生順序を導き出すという研究を行いました。

その結果、COVID-19は初期においては発熱を呈しやすく、その後は咳、筋肉痛、吐き気、嘔吐(おうと)、下痢という順序で症状が進行する傾向が確認されました。


また、研究チームはCOVID-19の症状の発生順序と、インフルエンザやコロナウイルスに分類されるウイルスによる感染症であるSARSMERSの症状の発生順序を比較しています。インフルエンザは初期においては咳を呈しその後に発熱するという傾向が存在するためCOVID-19の「発熱→咳」という順序とは逆で、SARSやMERSは初期においては発熱という点はCOVID-19と一致しているものの、下痢が来てから吐き気や嘔吐が起きるという点がCOVID-19とは異なるとのこと。

さらに、研究チームがCOVID-19の症状がそれぞれ独立して発生するという想定を元に、症状の進行状況について50万人分のシミュレーションを行ったところ、COVID-19の症状の発生順序は「発熱が最初に表れる」という点で他の著名な呼吸器疾患とは異なるという結果が示されたとのこと。


筆頭著者であるラーセン氏は、「症状の順序は重要です。それぞれの病気の進行状況が異なることがわかれば、医師がCOVID-19とその他の病気をより早く識別することが可能になります」とコメント。今回の研究を報じた科学系ニュースメディアのScience Alertは、「アメリカ疾病予防管理センターは、『人と会う前には体温を測って、発熱していないかを確認すべき』と発表しており、COVID-19の初期症状として『発熱』をチェックすべきだとしています。今回の研究結果は、これを裏付けるものです」と記しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
感染力が10倍高い新型コロナウイルスの変異体が感染者から検出される - GIGAZINE

新型コロナウイルスは感染から2カ月たっても呼吸困難・胸痛・関節痛といった症状が続く - GIGAZINE

新型コロナウイルス拡大防止対策の影響か、インフルエンザなどの症例が激減 - GIGAZINE

不要不急の外出を控えて社会的距離を保つと新型コロナウイルスの流行はどの程度抑えられるのか? - GIGAZINE

10代の子どもは新型コロナウイルスを大人と同じくらい広めると研究で示される - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.