生き物

宿主の「舌」に成り代わる寄生虫の姿が3Dスキャンにより明らかに


「宿主」である生き物に寄生する寄生虫には、宿主の思考をコントロールし、最終的には自分のエサになるよう行動させてしまうものなど、さまざまなタイプが存在します。アメリカの生物学者が魚の頭部を3Dスキャンしたところ、「魚の舌に寄生し、血液をうばって最終的に『生きた舌』となる」タイプの寄生虫が映し出されました。

Meet the 'vampire' parasite that masquerades as a living tongue | Live Science
https://www.livescience.com/image-fish-tongue-parasite.html

アメリカのライス大学で生物学准教授として勤務するKory Evans氏が2020年8月10日にTwitterに投稿した内容がこれ。Evans氏がベラをスキャンしデジタル化している最中に、ウオノエ科の寄生虫がベラの口の中で「新しい舌」として寄生しているのを発見したそうです。


Two Oceans Aquariumによると、このような寄生虫は通常、エラから魚の口の中に侵入し、14本の足でしっかりと舌にしがみつきます。そして舌にかみつき、抗凝血性の物質を放出することで、魚の血液をむさぼり続けます。寄生虫が血液を奪うため魚の舌は徐々に萎縮し、本来の舌がなくなることで、最終的に寄生虫が魚の舌に置き換わるとのこと。その後も寄生虫は魚から血液をもらい、寄生虫は魚の「生きた舌」として振る舞うようになります。

多くの場合、魚と寄生虫の共存関係は数年間にわたって続きます。ニュージーランドの国立水圏大気研究所の博士研究員であるStefanie Kaiser氏によると、魚は寄生虫よりも長生きするとのこと

今回、ベラと寄生虫の共存関係を3DスキャンしたEvans氏は、スズキ目ベラ科の3D・X線データベースを作成するプロジェクトに取り掛かっている最中でした。Evans氏によると、ベラは舌に寄生虫がついていなくともユニークな頭部の構造をしており、「彼らは映画『エイリアン』みたいに2つ目の顎を喉に持っています。この2つ目の顎を使って、巻き貝などの殻を砕いて食べます」とのこと。ベラの特殊な頭蓋骨を3D化し、他の魚と比べることがプロジェクトの目的でしたが、その最中に偶然、舌に寄生虫がついた魚が発見されたわけです。

3Dスキャンされたベラの頭蓋骨はこんな感じ。紫色に着色されている部分が寄生虫です。


前から見るとこう。


なお、時には2匹の寄生虫が魚の口の中に寄生することもあるようです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
脳に寄生虫が宿っていたことで「超ハッピー」になった女性が現る - GIGAZINE

人間の体内にも寄生している寄生生物が宿主の行動や性格をゆがめていることが判明 - GIGAZINE

宿主なしでは生きられない寄生虫の不思議な生態がよくわかる「目黒寄生虫館」に行ってきました - GIGAZINE

寄生虫に寄生し思考を操作して相手に内臓を捧げさせる「Euderus set」 - GIGAZINE

消毒されたプールでも泳ぐと病原性の寄生虫に感染する恐れがある - GIGAZINE

in サイエンス,   生き物, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.