試食

大ぶりのダブルソーセージを2種のソースで味わえるミニストップ「ダブルホットドッグ」を食べてみた


具材とソースがギッシリ詰まった食べごたえ抜群の「ダブルホットドッグ」と「海老フライロール」がミニストップから登場しました。ダブルホットドッグはロングタイプのソーセージ2本を2種類のソースで楽しめるホットドッグ、海老フライロールはパンからはみ出るほどの大ぶり海老フライをタルタルソースでサンドしたロールドッグで、どちらもボリューム満点の総菜パンになっているとのこと。そのボリュームと味わいはどうなっているのか、実際に食べてみました。

具材&ソースぎっしり!!「ダブルホットドッグ」「海老フライロール」8/11(火)発売
(PDFファイル)https://www.ministop.co.jp/corporate/release/assets/pdf/20200810_10.pdf

ミニストップに到着。


サンドイッチやお弁当が並んでいる冷蔵コーナーに、目当てのダブルホットドッグと海老フライロールを発見。


購入して持ち帰ってきました。


まずは「ダブルホットドッグ」(税込307円)から食べてみます。


ダブルホットドッグのカロリーは1包装あたり418kcal。


原材料はソーセージ、パン、ホワイトソース、チーズ入りソース、玉葱酢漬、トマトケチャップ、マスタード、チーズ、ピクルスなど。


レンジでの加熱目安時間は500Wで42秒となっています。


開封。


ダブルホットドッグはロングタイプのソーセージが2本、豪快にサンドされたホットドッグです。


ソーセージがダブルなだけでなく、かかっているソースもケチャップ&マスタードソースと……


ホワイトチーズとチェダーチーズを合わせたソースの2種類と、ソースまでダブル。


ケチャップ&マスタードソースの側から食べてみると、トマトケチャップにピリッと辛いマスタード、酸味の効いた玉葱酢漬けのそれぞれの味わいがしっかり感じられる、いたって普通のホットドッグという印象ですが、特筆すべきはソーセージの存在感。大ぶりのソーセージが2本入っているため、パンの印象がかすんでソーセージをダイレクトに噛みしめているかのようなインパクトがあります。


一方、ホワイトソースとチェダーチーズを合わせたソースは、ホワイトソースのベースとなる牛乳のまろやかさをしっかり感じられるミルキーな味わいと、時折鼻に抜けるようなチーズの風味が感じられます。こちらもソーセージの存在感が抜群ですが、ホワイトソースのまろやかさのおかげか、全体的に味にまとまりがある印象でした。


続いて「海老フライロール」(税込307円)を食べます。


海老フライロールのカロリーは、1包装あたり381kcal。


原材料を見ると、えびフライ、パン、スパゲティ炒め、玉葱酢漬などの他に、ソースとしてケチャップ、タルタルソース、中濃ソースが入っています。


こちらも500Wの電子レンジで42秒温めてから開封。


海老フライロールは、パンとほぼ同じ長さの海老フライがサンドされています。


海老フライにはタルタルソースがかかっており……


その下には、ナポリタンが敷かれています。


食べてみると、海老フライは衣部分が大きめで、見た目に反して海老自体の味わいは控えめなものの、卵のコクと玉葱酢漬けの酸味が効いたタルタルソースとケチャップベースのナポリタンとの相性が良く、飽きずに食べられる一品でした。


「ダブルホットドッグ」「海老フライロール」は全国のミニストップで2020年8月11日(火)から期間限定で購入可能です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ピリ辛コチュジャンととろとろチーズが旨みを倍増させる「ファミチキ(チーズタッカルビ味)」試食レビュー - GIGAZINE

ハラペーニョチーズソースとポテトパティがホクホクとアツいマクドナルドの「ハワイアンスパイシーバーベキュー」などハワイアンメニュー全8品を制覇してみた - GIGAZINE

総重量600g超で食べるとアゴが外れそうなほど超巨大なバーガーキングの「マキシマム超ワンパウンドビーフバーガー」を食べてみた - GIGAZINE

絶妙な酸味の南蛮酢タレと肉汁あふれるチキンが相性抜群で夏にピッタリなフレッシュネス「チキン南蛮バーガー」を食べてみた - GIGAZINE

フィッシュバーガーの再現度が半端じゃない「明星 一平ちゃん夜店の焼そば タルタルソース味」試食レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.