サイエンス

古代の「ゴミ捨て場」から感染症の流行と気候変動が文明をどう崩壊させたのかをひもとく


新型コロナウイルス感染症の対策は、スペインかぜなど過去のパンデミックからの知見が大いに役立っています。人類はスペインかぜ以外にも多くのパンデミックを経験しており、その最初の1つが西暦541年から広まった「ユスティニアヌスペスト」だといわれています。当時の状況を推測する証拠が限られている中で、新たにイスラエルの考古学者チームが「古代のゴミ捨て場」で得た手がかりから、パンデミックを引き起こした「疫病」と「気候変動」が社会をどのように崩壊させたのかが明らかになってきています。

The rise and fall of viticulture in the Late Antique Negev Highlands reconstructed from archaeobotanical and ceramic data | PNAS
https://www.pnas.org/content/early/2020/07/21/1922200117

Ancient trash heaps reveal the Plague of Justinian’s economic toll | Ars Technica
https://arstechnica.com/science/2020/07/ancient-trash-heaps-reveal-the-plague-of-justinians-economic-toll/

Grape pips reveal collapse of ancient economy in the grip of plague and climate change | EurekAlert! Science News
https://www.eurekalert.org/pub_releases/2020-07/bu-gpr072220.php

イスラエルの考古学チームは、西暦6世紀の生活の証拠をイスラエル南部の砂漠・ネゲヴ高原にある「ゴミ捨て場」から発掘しました。当時の人々は不要なものをゴミ捨て場に廃棄しましたが、考古学チームにとってこのゴミ捨て場は「当時の住民の生活を語る貴重な記録」となっています。

今回、研究チームはゴミ捨て場に含まれた種子から当時の生活を推測するというアプローチを取りました。研究チームはブドウ・小麦・大麦といった約1万個の種子を3箇所のゴミ捨て場から採取したとのこと。


ゴミ捨て場には特にブドウの種が多く含まれていたそうで、この結果は過去の研究で示された「ゲネブでは輸出用のブドウ栽培が行われていた」という結果と一致します。

研究に参加した一人であるバル=イラン大学のダニエル・フックス氏によると、ゴミ捨て場の堆積物を分析した結果、4世紀から6世紀にかけて、他の穀物に対するブドウの種の割合が急激に増加し、その後、突然減少したとのこと。これは、もともと自分や家族が食べるためにブドウを栽培していたのが、「販売目的の栽培」に変化したこと、そしてその後、何らかの出来事でブドウの栽培や貿易が崩壊したことを意味しています。


また、ゴミ捨て場から発掘された「ガザで使われていたワインボトル」とラクダでの輸送に向かない「バッグ型ボトル」の比率の変化についても調べられたところ、ブドウの種が増加するにつれ「ガザのワインボトル」が増加していることも示されました。ここからも、ブドウ栽培の増加はガザに輸出するためだったことが伺えます。

ゲネブ高原は文化的に非常に栄えましたが、6世紀半ばに「ペストの流行」と「火山の噴火」という2つの出来事が社会を襲いました。当時のペストはエジプトからパレスティナ地方へ、そして帝都コンスタンティノープルへと広がって多くの死者を生み出し、人口の約半数を失って帝国は一時的に機能不全の状態に陥りました。ガザでの市場の停滞はゲネブの経済にも影響をもたらしたとみられており、もしゲネブにまで病気の流行が広がっていれば、農産物の供給も妨げられたはずだと研究者はみています。

そして、これまでの研究から西暦535年から536年の間に大規模な火山噴火が起こり、その後10年にわたって世界規模で寒冷化が進んだといわれています。この影響でヨーロッパでは干ばつが発生しましたが、ネゲブを含むレバントでは集中豪雨が続いて農業に悪影響があったとみられています。

人類史上「最悪の年」だといわれる西暦536年には何が起こったのか? - GIGAZINE


今回の研究で示されたように、6世紀における文明の衰退は、「疫病」と「気候変動」の2つによって政治や経済システムの脆弱性があらわになったことを原因とします。「私たちは差し迫った気候変動や次のアウトブレイクに備えることができます。問題は、私たちがそれを行えるほどに賢明かどうかです」とフックス氏は語りました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
4500年前の古代エジプトの酵母を使ってパンを焼いた猛者が登場、実際に食べてみた味とは? - GIGAZINE

古代遺跡テオティワカンの巨大地下トンネルの謎が考古学者たちによって解き明かされつつある - GIGAZINE

古代ギリシャは驚くほど好景気な民主政治だった - GIGAZINE

古代マヤ文明の都市が放棄されたのは「水が毒で汚染されたから」という可能性 - GIGAZINE

1100年前のビールを再現して古代文明を研究する「ビール考古学者」とは? - GIGAZINE

「頭蓋骨を変形させる習慣を持つ異民族」を古代の集落が迎え入れていた証拠が発見される - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.