動画

新型コロナを予言していたかのような「パンデミック後の隔離生活」を描いた映画「DOMAIN」


「致死性のウイルスが人類の大部分を一掃した後、生き残った人々は地下シェルターで隔離生活を送ることになる。生存者たちはビデオ映像でつながることで絆を深めるが、生存者が1人また1人と姿を消していき……」というSF映画「DOMAIN」は2016年に公開されました。まるで新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を予言していたかのような内容で、隔離生活の中で何が人を狂わせるのかをひしひしと感じられます。

DOMAIN - Official Site
http://domainthemovie.com/

DOMAINの予告編は以下から見ることができます。

DOMAIN - Teaser Trailer - YouTube


「SURVIVAL TECHNOLOGY」という文字が画面に浮かびあがり……


現れた女性。「こんにちは、私は生命サポートシェルター『LSB 300』のデザイナーです」


「あなた方は、サハラ・インフルエンザを生き残った幸運な人々です」という言葉と共に映し出されたのは、空間の限られたシェルターの中で体を動かす人々。家具を利用したり……


機器を用いたり。


力なく座る人もいます。


わずかな水でシャワーを浴びて……


食事はプロテインパウダーのようなものを水に溶かす形。


完全栄養食の「ソイレント」っぽいもののようです。


シェルターには人を最大70年間生かすための備えがあり、朝・昼・夜の様子は壁にイメージ映像として流されます。


孤独に過ごす人々。


しかし、そんな中でも、人々は映像を通してコミュニケーションを取ることで、なんとか日々のつらさを乗り越えます。


部屋にはいくつものディスプレイが並び、それぞれのシェルター内部の様子を互いに見ることができるようです。この通信システムは、人々の孤独を和らげるための「ドメイン」と呼ばれるもの。


しかし、徐々に部屋の中で異変が起こり出します。


画面を見ていた女性は……


自分が「見られていること」を気にしだした様子。


画面の向こうに挑発を行ったり……


怒りや悲しみの衝撃を浮かべ出します。


ふさぎこみ……


ドメインを破壊しようとしたり……


ケーブルを切断する女性も。


勢いよく流れ込んでくる白煙。


首をつる男性。


血だらけの男性と……


途切れる通信。


開発者の女性は……


「人類の命は私たちにかかっています」という言葉で映像を締めくくりました。


「DOMAIN」はAmazon Prime Videoで配信中。DVDも販売されています。

Amazon.com: Watch Domain | Prime Video


Amazon.co.jp: Domain [DVD]: Britt Lower, Ryan Merriman, Nathaniel Atcheson: DVD

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「終末もの」を好む映画ファンは新型コロナのパンデミックに対する準備が整っていたことが判明 - GIGAZINE

なぜゾンビ映画で動物がゾンビにならないのか科学的に考察するとこうなる - GIGAZINE

新型コロナウイルス以上の「人類滅亡の危機」は起こりうるという警告 - GIGAZINE

「パンデミックが発生した時に有利な国ランキング」が発表、日本は5位という結果に - GIGAZINE

新型コロナウイルスの流行に乗じて「パンデミックを生き抜くための電子書籍」を売りつけるスパムメールが登場 - GIGAZINE

in 動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.