デザイン

アメリカ宇宙軍がロゴ&行動指針を発表、デザインの詳細についても説明


2019年12月、アメリカ空軍が創設されて以来72年ぶりに新設の軍として「アメリカ宇宙軍」が誕生しました。そのアメリカ宇宙軍が、正式なロゴおよび行動指針を発表しています。

The U.S. Space Force logo and motto. > United States Space Force > News
https://www.spaceforce.mil/News/Article/2282948/the-us-space-force-logo-and-motto

アメリカ宇宙軍は、ドナルド・トランプ大統領が2018年6月に出した宇宙軍の創設を目的とした大統領令からわずか1年で誕生した、アメリカにとって72年ぶりに新設された軍です。

アメリカ宇宙軍の新設に尽力したトランプ大統領は、2020年1月に自身のTwitterアカウント上でアメリカ宇宙軍のロゴを発表。ツイートでは「偉大な軍事指導者やデザイナー、その他の人々と協議した結果として、アメリカにとって6つ目の軍であるアメリカ宇宙軍の新しいロゴを発表できることを嬉しく思います」と説明していました。



しかし、このロゴに対してはスタートレックに登場する惑星連邦宇宙艦隊のロゴに酷似しているという指摘が多数投稿されました。



そして新たに発表されたロゴが、以下のもの。トランプ大統領がツイートしたロゴからデザインが変更されていますが、デルタ型の形状をベースとしている点は変わりません。アメリカ宇宙軍の公式Twitterアカウントは「(ロゴに使用されている形状の)デルタは1961年に存在したアメリカの宇宙軍で最初に使用されたものであり、何世代にもわたって宇宙の専門家に影響を与えてきた形状です」と説明し、スタートレックに登場する惑星連邦宇宙艦隊のロゴに影響されたという指摘を否定しています。



行動指針は「常に上に(Semper Supra:Always Above)」です。アメリカ宇宙軍は行動指針について、「宇宙空間でアメリカが実行する作戦の自由を確立・維持・保護する上で、アメリカ宇宙軍が担うこととなる役割を表すものです」と説明しています。


アメリカ宇宙軍は公式サイト上でも新しいロゴについて説明しています。

説明によると、銀色の外枠線は宇宙領域から飛来するすべての敵および脅威から、防御・保護することを意味しているとのこと。そして、銀色の外枠線の内側にある黒色の領域は、宇宙の広大な暗闇を表現しています。さらに、中央上部にあるデルタ型の先端部分にある2つのとんがりは、宇宙領域の防衛におけるアメリカ宇宙軍の中心的な役割をサポートするロケットが大気圏外に向けて発射される様子を表しているそうです。ロゴ中央にある星形のマークは北極星を表しており、アメリカ宇宙軍のミッションを導く指針となることを表しています。そして、デルタの底部はアメリカ宇宙軍を支援する4つの軍である、空軍、陸軍、海軍、海兵隊を表しているとのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
アメリカ宇宙軍初の攻撃兵器は敵対勢力に対する衛星ジャミングシステム - GIGAZINE

アメリカ宇宙軍が発表した「新しい軍服」のデザインにネットから総ツッコミ - GIGAZINE

「アメリカ宇宙軍」の第一歩として宇宙司令部が正式に発足、目的は「宇宙での優位性保持」 - GIGAZINE

将来起こり得る「宇宙戦争」に備えて国際的な法整備が進む - GIGAZINE

in デザイン, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.