メモ

優れたプロダクトマネージャーになるための22原則


投資家のレイ・ダリオ氏の著書「PRINCIPLES(プリンシプルズ) 人生と仕事の原則」を読み「自分の原則を文章にする」というアイデアに感銘を受けたLinkedInのシニアプロダクトマネージャーであるアレックス・リーブ氏が、自分の経験やコーチングから学んだ内容をまとめた「優れたプロダクトマネージャーのための22の原則」を公開しています。

22 Principles for Great Product Managers
http://reeve.blog/blog/principles/

◆チームをリードするために押さえるべきこと


1:チームが「長期的展望」「目標」「価値観」を持てるようにすること。これが持てない場合、コミュニケーションが十分でないか、連携が取れていない可能性があります。

2:自分が参加している「ゲーム」が何で、どうやってスコアをキープするかは知っておく必要があります。つまり、製品に対するビジョンや、製品の価値、競業他者に勝つ方法を理解し、正しい方法に進んでいるかを測定可能にするべきとのこと。


3:チームが目標達成のために「何をすべきか」というマイルストーンを知っておく必要があります。

◆意志決定について


4:決定は文書化され、説明され、広く伝達されるべき。

5:意志決定、そして優先順位付けにはエビデンスが必要です。

6:プロジェクトの関係者はできるだけ早い段階で関わる必要があり、そして「参加する、しない」という連携は明示的に行うこと。

◆効果的なコミュニケーションとは?


7:「過剰なコミュニケーション」は存在しません。プロダクトマネージャーが「これを口にするのはもううんざりだ」という状態になるまで、「十分に伝えている」とは言えないとのこと。「伝えること」はプロダクトマネージャーの重要な部分であり、組織が一致して同じ方向に進んでいるか確認することがプロダクトマネージャーの役割です。

8:プロダクトマネージャーにとってのコミュニケーションはデザイナーにとっての「デザイン」、エンジニアにとっての「コード」であると捉えるべき。

9:プロジェクトに「筋」「物語」を持たせること。物語があると、プロジェクトに関わる人は自分自身で空白を埋める事が可能になります。物語というコントロールがなくなると、チームの能力が破綻する可能性があるとのこと。

◆効果的なオペレーターであること


10:強い関係が協力なコラボレーションを生み出します。この関係は「上下関係」「横の関係」を含みます。プロジェクトを成功させるには、関係と信頼という2つをプロダクトマネージャーが作り出す必要があります。

11:全てのプロジェクトの細かい部分まで管理するのは、非常時だけで十分とのこと。プロダクトマネージャーに必要なのは、「目標の設定」と「目標を実現する方法」へのチームの理解を主導し、支援することです。チームとコミュニケーションを取れる場を設定し、定期的にうまくいっているかを確認すればよいとリーブ氏は述べています。

12:プロダクトマネージャーの優秀さは「チームの進行がうまく行っているか」に現れます。

13:プロダクトマネージャーの仕事は「明確にすること」。常に「プロダクト案件を明確にすること」「特殊な問題を解決すること」「質問に明確に回答すること」など、チームに明確さをもたらすことを考えることが重要だとリード氏。

14:「自分のビジネスを知り、チームをリードし、執拗にコミュニケーションし、良い決断をし、良い結果を生み出すこと」を何度でも繰り返し自分に言い聞かせ、毎日1%ずつ向上させます。

◆時間の管理


15:プロダクトマネージャーの80%は「正しいプロダクトとは何か」を見つけ出し、組織の連携を推進することで、残りの20%は「作り手」であるチームの質問に対して明確に答えることにあります。「見つけ出すこと」「コミュニケーション」に80%の時間を費やすようにすべきだとリード氏は述べています。

16:戦略を練るための時間を確保すること。大量のメールやメッセージを受け取りますが、それでも「時間の確保」は仕事の1つです。

◆意味のある会議を行うには


17:議題をあらかじめメンバーに送信すること。ミーティングが始まるまでにはインプットを終え、ゴールを目指せる状態にしておきます。

18:「DAD」、つまり議論(Discussion)、行動(Action)、決定(Decision)を意識して会議を構成します。

19:「ABFU」、つまり「常にフォローアップすること」(Always Be Following Up)も大切です。会議後、24時間以内には全ての関係者にメモを送ってコミュニケーションを取ります。

20:好奇心を持ち、「愚かな」質問をすること。一見するとばかげた質問が明確さを生み出すきっかけになります。率直に質問し、他の人の答えを聞くことが意味ある会議を生み出します。

◆プロジェクト実行中に心掛けること


21:全てのプロジェクトは「発見」「生計」「明け渡し」というプロセスを含み、プロダクトマネージャーはこれらが順番に実行されていることを確認する必要があります。

22:すぐに反応することが第一。プロダクトマネージャーはプロジェクトのハブであり、意志決定者であり、チームを円滑にする役目を負います。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「最悪のソフトウェアはマネージメントの問題」、よいソフトウェアを作る方法を政府のソフト開発を行う技術者が語る - GIGAZINE

「最ももうかるエンジニアは?」などシリコンバレーに勤めるエンジニアの求人・給与の最新事情まとめ - GIGAZINE

ソフトウェア開発プロジェクトにはどうして遅延が生じてしまうのか - GIGAZINE

お金も顧客もゼロの状態からプロダクトを開発してお金を稼ぐ方法 - GIGAZINE

優れたソフトウェア開発チームが持つ共通点とは? - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.