取材

1500匹のクラゲに360度全包囲されるパノラマ水槽「GURURI」を京都水族館の新展示「クラゲワンダー」で体感してきた


西日本最多である20種以上・5000匹以上のクラゲを展示する新展示エリア「クラゲワンダー」が2020年7月16日(木)から京都水族館で公開スタートします。この展示エリアでは、クラゲがあふれかえる海の中にドボンと潜り込んだような没入体験ができるとのことなので、オープン前のプレスツアーに参加してみました。

新展示エリア「クラゲワンダー」 | 梅小路京都西駅からすぐ「京都水族館」【公式サイト】
https://www.kyoto-aquarium.com/renewal_Area/

京都水族館の住所は「京都府京都市下京区観喜寺町35−1」で、JR京都駅から徒歩15分ほどの距離にあります。


水族館は海沿いにあるイメージですが、京都水族館はてくてくと道路を沿いを歩いていると突如として現れます。


入口はこんな感じ。


中に入ろうとすると……


手指のアルコール消毒を促されました。


京都水族館は「アユの塩焼きドッグ」や「カエルの卵風スープ」など独特の食事を提供することも多いのですが、感染対策の一環として館内の食事メニューはソフトクリームとドリンクのみに限定しているとのこと。


自動扉を通った先にはサーマルカメラが設置されていて、来館者に発熱がないかチェックしていました。


ということでツアーがスタート。


順路をたどり、後半のメインである大水槽を抜けると……


急に幻想的な空間が広まっていました。


この一帯がクラゲワンダー。クラゲは古事記の時代から私たちの身近にありががら、いまだその半透明の体に未解明の謎を抱えているとのこと。陸で生活しているとなかなかクラゲと接する機会はありませんが、海の中に入ると「四方八方をクラゲに囲まれる」という経験を頻繁にするとのことで、京都水族館ではその「海の中でクラゲに囲まれる」という体験を再現しています。


中に進むと円形の水槽を発見。これが360度のパノラマ水槽「GURURI」です。


「GURURI」の水槽の中をクラゲがただよう様子は外から見ても幻想的。GURURIの外側を歩いてみた様子は以下から見ることができます。

360度をクラゲに囲まれるパノラマ水槽「GURURI」を外から見るとこんな感じ - YouTube


GURURIの水槽の向こう側にはミラーが設置されているので、空間にさらにクラゲがあふれかえっているように見えます。


GURURIはアーチ型の入口があり、ここから中に入ることができます。


アーチの上もクラゲがゆらゆらただようようになっており、下からクラゲを眺めることが可能。


GURURIの中に入るとこんな感じ。


GURURI内部でぐるっと360度回ってみた様子は以下のムービーから見ることができます。

360度パノラマ水槽「GURURI」の中に入るとこんな感じ - YouTube


パノラマ撮影するとこう。


水槽はライティングがときどき変化し、赤・黄・紫と、幻想的な光の中でクラゲの姿が浮かび上がります。


水槽の中でゆれているのは全てミズクラゲ。これは、ミズクラゲが最も一般的であり、「海の中でクラゲに囲まれる」という体験を再現するという視点でいうと、ミズクラゲが最も適しているからだそうです。


水槽の真ん中に立って周囲を見回すと、どこもかしこもクラゲだらけ。


青に染まった空間で1500匹のクラゲに囲まれると、確かに海の中をふわふわただよっているような気分になります。


外から眺めても中に入ってみても、クラゲと自分だけの幻想空間を堪能することができました。


このほか、クラゲワンダーには、これまでバックヤードで行われていたクラゲの繁殖・飼育・研究などを行うオープンスペースなどがあります。ここでは赤ちゃんクラゲが展示されており、飼育スタッフと話をしながらさまざまな成長過程のクラゲについて知っていくことができます。


もちろん、クラゲワンダーにはミズクラゲだけでなく、さまざまなクラゲが存在します。その種類は西日本最多の20種類、全部で5000匹のクラゲが展示されているとのこと。


ということで、クラゲワンダーのGURURI以外のエリアの詳細や、クラゲモチーフの限定フードなどは追って公開する予定なのでお楽しみに!


・つづき
幻想的で美しいクラゲが集結した西日本最大規模の「クラゲワンダー」写真集まとめ、クラゲの成長過程や研究も間近で見られる - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
見ているだけで涼しくなれるクラゲやクリオネなど海中写真集「Clione.ru」 - GIGAZINE

小さなクラゲが変形し巨大なビニール袋と化して獲物を捕食する様子が圧巻 - GIGAZINE

まるでオブジェのような新種のクラゲを発見、光りながら海中を漂う映像がYouTubeで公開中 - GIGAZINE

古代のクラゲにはなんと骨があったことが判明、これまでの進化の過程が覆る - GIGAZINE

クラゲをカリッと仕上げた「クラゲチップス」は未来のジャンクフードになり「海の資源」も守れる可能性 - GIGAZINE

in 取材,   生き物,   動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.