メモ

「花火の前は手指消毒液を使わないように」と専門家が警告


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行を受けて日常的に手指消毒液を使っている人も多いはずですが、これからの季節、「手指消毒液」と「花火」の組みあわせが非常に危険であると専門家が警鐘を鳴らしています。

Health expert: Handling fireworks after using hand sanitizer could lead to injury
https://www.kshb.com/news/coronavirus/health-expert-handling-fireworks-after-using-hand-sanitizer-could-lead-to-injury

Fireworks and hand sanitizer could make for dangerous combination on July 4th - CNN
https://edition.cnn.com/2020/07/02/us/fireworks-hand-sanitizer-danger-scn-trnd/index.html

Hand sanitizer and fireworks don't mix, experts warn | Live Science
https://www.livescience.com/hand-sanitizer-fireworks.html

アメリカでは7月4日の独立記念日に花火を打ち上げる習慣がありますが、2019年7月4日ごろには全米で約7000人が花火に関連し負傷したと報告されています。米国消費者製品安全委員会(CPSC)のDana Baiocco氏は、花火はオモチャではないにも関わらず丁重に扱われないために、使用者が手や指を負傷する事態になっていると指摘。花火に関連する負傷の57%がやけどであるとのことです


また、COVID-19対策で使われる消毒液は60~70%が可燃性のアルコールであり、アメリカ安全性評議会の広報であるMaureen Vogel氏は「アルコールと火を一緒にするべきではありません」「これは災いを呼ぶ組みあわせです」と警告しています。

CPSCによると、線香花火ですら1000度で燃焼するため、周囲のものに簡単に点火するとのこと。手や指をアルコール消毒した後に花火を扱うとやけどのリスクを高めるため、花火を扱う場合は手指消毒液を使うのではなく石けんで手洗いを行うことをVogel氏は推奨しました。また、花火を行う時は周囲から手指消毒液を取り除くことも注意点として付け加えられています。


そのほかCPSCは、花火で遊ぶ場合は「幼い子どもが線香花火を含む花火を触らないようにする」「点火の際に花火を体の上に絶対に置かないこと」「花火を投げないこと」など、安全に花火を使うためのガイドラインを公開しています。

Fireworks | CPSC.gov
https://www.cpsc.gov/Safety-Education/Safety-Education-Centers/Fireworks

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
2019年おすすめのおもちゃ花火はこれ、子どもたちが審査員の「おもちゃ花火コンテスト2019」を見てきました - GIGAZINE

世界に通用する花火エンターテインメントを目指す花火クリエイターに密着、花火の打ち上げ準備に同行してみた - GIGAZINE

豪快な花火と職人技が楽しめて多くの感動が味わえる「赤川花火大会」を見てきました - GIGAZINE

空中から360度花火が飛び出す演出も、世界の花火・日本の花火が楽しめる「大曲の花火 春の章2019」を見てきました - GIGAZINE

花火で青色を出すのが難しい理由とは? - GIGAZINE

「初めてでも楽しかった」専門家からおもちゃ花火の扱い方や楽しみ方などの指導が受けられる「わくわく花火スクール」に行ってみました - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.