レビュー

無料で宇宙ステーション補給機「こうのとり」の操作を体験できるゲーム「HTV GO!」で宇宙飛行士気分を味わってみた


国際宇宙ステーション(ISS)に食料や水などの物資を届ける役割を担う、宇宙ステーション補給機(HTV)「こうのとり」の操作をゲームで体験できる「HTV GO!」がJAXAから無料で公開されています。PC版とスマートフォン・タブレット版が公開されているので、宇宙飛行士気分でこうのとりの操作を体験しました。

「こうのとり」とロボットアームを自分で動かしてみよう!宇宙船運用体験ゲーム「HTV GO!(β版)」 | 新型宇宙ステーション補給機(HTV-X) | JAXA
https://iss.jaxa.jp/htv-x/news/others/200626.html

宇宙船運用体験ゲーム「HTV GO!」をプレイするには上記のURLにアクセスし、PC版またはスマートフォン・タブレット版のリンクをクリックします。今回はPC版をプレイしてみました。


スタート画面から「クリックしてスタート!」をクリックしたらゲーム開始。


ゲームは全3ステージ。1ステージ目はこうのとりを操作し、ISSとランデブーさせるのが目標です。


キーボードの上下左右キーでスラスターを制御しながらISSに近づけていきます。


スラスターを使うと、推進薬が減っていきます。スラスターを細かく噴射しながら、推進薬を節約しつつ操作するのがポイント。


スラスターが勢いづいてISSから大きく離れるか、推進薬が0%になってしまうとゲームオーバーです。


赤枠部分にあるラインに沿ってこうのとりを上昇させると……


ISSが見えてきます。赤いボックスへとこうのとりを運びます。


こうのとりを上昇させすぎてISSに衝突してもゲームオーバー。


赤いボックスにこうのとりを4秒間待機させれば1ステージ目クリアです。


2ステージ目は、アームを操作してこうのとり側面についたピン、把持部となるグラプルフィクスチャー(FRGF)に近づけます。1ステージと同じく上下左右キーで操作。


右上に表示される、こうのとりのバッテリーが0になるとゲームオーバーです。


アームがFRGFに近づくと3ステージ目に突入。FRGF上部にある赤枠中央のピンに緑色の円を重ねればクリアです。このステージも右上のバッテリーが0になるとゲームオーバー。


上下左右キーとスペースキーで緑の円をピンへと近づけます。ピンに近づくほど細かい操作が要求され、黄色のゲージが表示されたらクリア目前です。


黄色のゲージが0になったらゲームクリア。総合得点と称号が表示されます。1ゲームあたりのプレイ時間はおよそ3分ほどでした。


ゲームは、PC版はMicrosoftEdge・Google Chrome・Safari・Firefoxに、スマートォン・タブレット版はiOS 13.5.1以上、Android 10以上に対応しています。

「こうのとり」とロボットアームを自分で動かしてみよう!宇宙船運用体験ゲーム「HTV GO!(β版)」 | 新型宇宙ステーション補給機(HTV-X) | JAXA
https://iss.jaxa.jp/htv-x/news/others/200626.html

「HTV GO!」は、実際にJAXAの「こうのとり」の研究開発に携わる研究員によって開発されたもの。ゲームは3分ほどで終わってしまいますが、実際のランデブーおよびISSとの結合は3日以上かけて行われることがJAXA公式サイトで公開されています。

宇宙ステーション補給機(HTV) - 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター - JAXA
https://iss.jaxa.jp/htv/operation/

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
無料ゲームを25年以上も続く自作ゲーム公開プラットフォーム「DigitalMZX」でプレイしてみた - GIGAZINE

無料でぷよぷよを通してプログラミング学習できる「ぷよぷよプログラミング」が登場したので体験してみた - GIGAZINE

無料でブラウザ上からブロックで作られた仮想世界を歩き回れる「Cryptovoxels」 - GIGAZINE

無料でNintendo SwitchとJoy-Conを使って簡単なわとびチャレンジができる「ジャンプロープ チャレンジ」で遊んでみた - GIGAZINE

18年前に開発された幻のシミュレーションゲーム「SimRefinery」がインターネットアーカイブに公開中、ブラウザからインストール不要でプレイ可能 - GIGAZINE

in レビュー,   サイエンス,   ゲーム, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.