試食

トマトとタルタルの2種のソースがそれぞれ全力で味を主張する松のや「カニクリームコロッケ定食」を食べてみた


とんかつを中心とした定食メニューを提供する松のやから、サクサク衣にとろりとクリーミーなカニクリームがたっぷり詰まった「カニクリームコロッケ定食」が登場しました。トマトソースとタルタルソースの2種類の味が同時に楽しめるということなので、それぞれのソースでカニクリームコロッケの味わいがどのように変化するのか、実際に食べ比べてみました。

カニクリームコロッケ定食 発売!|松のや|松屋フーズ
https://www.matsuyafoods.co.jp/matsunoya/whatsnew/menu/21772.html

というわけで、松のやにやってきました。


店頭には、今回のカニクリームコロッケ定食をアピールする垂れ幕が掛かっていました。


松のやはテイクアウトを応援しているとのことで、2020年6月24日15時まで持ち帰りはライス大盛りが無料というサービス中でした。


さらに、2020年8月3日(月)午前10時までに松のや公式お弁当WEB予約サイト「松弁ネット」で注文すると、20%のポイント還元が付くので、今回は事前予約して持ち帰りにしました。なぜか総菜コロッケを買って帰ってきた人みたいなことになっていますが、これが持ち帰りの「カニクリームコロッケ定食」一式です。持ち帰りだと、みそ汁が付きません。価格は税込700円です。


ライスは、並盛(左側)が器抜きで実測222g、大盛(右側)が実測333gと、大盛は並盛のピッタリ1.5倍の分量がありました。


カニクリームコロッケとサラダはそのままだとあまりにも総菜感が強かったので、皿に移しました。


タルタルソースをドロッとかけて……


完成。


まずはトマトソースがかかっているほうから食べます。


カニクリームコロッケのホワイトソースはうま味があってクリーミー。たっぷりかかったトマトソースからは、酸味とともに強烈なニンニクの風味が押し寄せてきます。トマトソースのインパクトが強いため、ホワイトソースに入っている「カニの味わい」はかなりわかりにくい印象。トマトソースがメインの味わいです。


次はタルタルソースがかかったほうを食べてみます。


マヨネーズにクリーミーさと酸味が加わったようなタルタルソースがプラスされて、サッパリと食べられます。後味にはしっかりとカニクリームコロッケのホワイトソースの味わいが残って、トマトソースに比べてソースとコロッケの味わいが両立されている印象でした。


付属のレモンを搾ると、よりさっぱりとした味わいになり、ご飯が進みます。


松のや「カニクリームコロッケ定食」は、2020年6月17日(水)午後3時から一部店舗を除く全国の松のや、松乃家で購入可能です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
酸味の効いたトマトソースにチーズがドカがけされた松屋「うまトマチーズハンバーグ定食」を食べてみた - GIGAZINE

肉の旨みが溶けたカレーにごろっとした牛肉で満足度の高い松屋の「ごろごろ創業ビーフカレー」を食べてみた - GIGAZINE

甘辛やわらか牛カルビに追いダレつきでガッツリ濃味のすき家「牛カルビ丼」を4種まとめて食べ比べてみました - GIGAZINE

薄切り牛たん&とろろでもち麦入りごはんがバクバク進む吉野家の「牛たん麦とろ御膳」を食べてみた - GIGAZINE

プリップリの北海道産生ホタテの貝柱が丼に鎮座するなか卯の「生ほたて丼」を食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.