試食

夏限定の金色のレッドブル「サマーエディション」は一体どんな味なのか飲んで確かめてみた


レッドブル4年ぶりの新味「白いレッドブル」に続いて、夏限定のレッドブル「サマーエディション」が2020年6月16日(火)から登場します。金色の缶に入った「夏の暑さの中でも飲みやすい」レッドブルは一体何味なのか、一足先に編集部に届いたので飲んで確かめてみました。

Red Bull Summer Edition :: Energy Drink :: Red Bull JP
https://www.redbull.com/jp-ja/energydrink/red-bull-summer-edition

レッドブルのロゴが印刷された真っ白な箱が編集部に到着。


箱を開けてみると、さらに金色の化粧箱が入っていました。


箱の中には定番のレッドブルと、夏限定のレッドブル「サマーエディション」の2本が並んでいました。


箱から取り出してみました。レッドブル「サマーエディション」は185mlで、定番の185ml缶と同じサイズ。


缶の上部には「期間限定」の文字。


無果汁です。


カロリーは100mlあたり46kcalなので、1缶あたり85.1kcal。食塩相当量が0.12g、ナイアシンが3mg、パンテノン酸が2.0mg、ビタミンB6が2.0mg、ビタミンB12が2.0μg、アルギニンが120mg、カフェインが43.2mg含まれています。


通常版を確認してみたところ、アルギニン、カフェインの量は同じですが、サマーエディションには入っていないビタミンB2が含まれています。


缶を開けてみたところ、エナジードリンク独特の香りはなく、ふわっとフルーツっぽい甘い香りがただよいます。香りは離れた場所にいても感じられるほどに強め。


グラスに注いでみたところ、どちらも黄色系の色合いですが、サマーエディションの方が蛍光オレンジに近い鮮やかさです。


公式には「洋梨とパッションフルーツを組み合わせた」とありますが、飲んでみたところ、近いのはパイナップル。南国感は確かにあるので夏っぽい気分になれる仕上がりです。エナジードリンク独特のクセは全く感じられず、「フルーツ味の炭酸飲料」という雰囲気なので、エナジードリンクの味を求めている人にとっては物足りなさがあるものの、逆にいうと万人受けする非常に飲みやすい仕上がりといえそう。


なお、レッドブル「サマーエディション」の希望小売価格は税別190円で、6月16日(火)からの発売となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
世界のレッドブルにはエナジードリンクと栄養ドリンクの2つの系統がある - GIGAZINE

ED治療薬が違法添加されたエナジードリンクがザンビアで販売、「6時間勃ちっぱなし」と強力すぎてバレて販売禁止に - GIGAZINE

「エナジードリンク」と「栄養ドリンク」は一体何が違うのか? - GIGAZINE

飲み過ぎた時の危険性を実感できるアメリカの大容量エナジードリンクの数々 - GIGAZINE

海外のエナジードリンクが全力で笑いを取りに来るのでこらえきれない - GIGAZINE

エナジードリンクだけを飲み続けると何が起こるのか? - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.